2009年02月18日

「更にお絵描き色々」




posted by マロニエのこみち・・・。 at 10:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月15日

「お絵描き色々」

別館にUPしております
言い訳のようですが、別に暇なわけではありません(^^;

【京都マロニエ・お絵かき手帖】

「喫茶ギャラリー・第29回 河津桜」

「喫茶ギャラリー・第29回 外交官の家」

「喫茶ギャラリー・第29回 座禅草」

posted by マロニエのこみち・・・。 at 23:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 絵画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月09日

「つくしと坂道」

夕暮れの時刻が遅くなりましたね
まだまだ冷たい風の吹く日もありますが、
晴れている日の、二階のあとりえは、
まるで春の陽気でエアコンも必要ありません

そんな春の到来を告げる可愛らしい『土筆』を
イラストタッチの軽い絵で・・・

先日、別館にUPした坂道の風景を、油絵風に・・・

各々、お絵描き手帖にUPしました


【京都マロニエ・お絵かき手帖】

「第29回喫茶ギャラリー つくし」

「第29回喫茶ギャラリー 坂の途中」

posted by マロニエのこみち・・・。 at 09:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月08日

「色限定で描く」

喫茶ギャラリー29回展が開催されています
今回、特別企画として、2、3色の絵の具、
すなわち色限定で表現してみよう・・という
ユニークな試みがあります

もちろん、普通に課題写真を描いてもいいのですが
使えそうな課題を選んでさっそくチャレンジしてみました
服のデザインもそうなのですが、
私の場合、ある程度、何かの制約をもらったほうが、
かえって取り組みやすいような気もしています

どうぞご高覧下さいませ♪

【京都マロニエ・お絵かき手帖】

「第29回喫茶ギャラリー 路傍のフリージア」

「第29回喫茶ギャラリー 和菓子」

「第29回喫茶ギャラリー  日没の湖岸」

posted by マロニエのこみち・・・。 at 12:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月02日

「雪の朝」

ちょうど一週間ほど前に、朝、雪が降りました
大きな大きな牡丹雪
まるで絵に描いたようでした

雪は数十分程度で止んだのですが
一瞬のうちに辺りは白い雪景色・・・
本当に素敵な朝のひとときでした

いつもお世話になっているijinさんのところで
庭木のお話をしているときに、
ふとしたことから、『南天の絵を見てみたい』
というリクエストを頂戴しました

南天・・・難しそう〜〜と思ったのですが
これもいいチャンスだと思い、チャレンジしてみました
雪の朝の南天

ijinさんの術後の早いご快復を祈って
私なりに気持ちを込めて描いてみました

【京都マロニエ・お絵かき手帖・・・雪の朝】

posted by マロニエのこみち・・・。 at 11:13| Comment(6) | TrackBack(0) | 絵画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月21日

「モーニング」

唐突ですが、皆様、朝食は
どのようなものを召し上がっておられるのでしょう

我が家は基本的にパン食です
食パンのときは5枚切り
ロールパン、バケット、そのときで色々です

パン屋さんの美味しい食パンのときは、
トーストしてバターのみですが
100円くらいで売られている食パンの時は、
バター&ジャムで頂いています
シナモン、蜂蜜など、バターに合わせるものも色々です

飲み物はコーヒー
紙のフィルターで漉して一杯
関西で言うところのフレッシュを入れて頂きます
他にヨーグルト
ときどきバナナなどのフルーツかお味噌汁

だいたいこんな感じですので、10時になるときっちりお腹が空きます
ケイヨウも朝から御飯は食べないので、パン食
お味噌汁が出ると喜んで一番に口にしています

喫茶店のモーニング
出張や旅に出たときは、ほとんど必ず、その土地の喫茶店に入り
モーニングを頂くのが楽しみでした

以前、記事にした福岡の殺風景な喫茶店で
井上陽水のカセットを流していた
雨の朝のシーンは忘れられません

あと、まだ震災前の神戸で、ふらっと入った喫茶店の
トーストのそれはそれは美味しかったこと!

あとは・・・
そうですね
やはり外国でのモーニング
香港の高級ホテルで、一人頂いたときの緊張感とか
お店がどこも開いていなくて、マクドナルドで頂いた
情けないパリの早朝のモーニングセットとか・・・

何軒も何軒も入っていると思うのですが
心に残るワンショットというのは、
そうそうあるものではありませんね

ファミレスのモーニングセットが
喫茶ギャラリーの課題写真にUPされていたので描いてみました
ペン画、クレヨン画、二種類描いてみました

【京都マロニエ・お絵描き手帖】

「第28回喫茶ギャラリ−・モーニング(くれよん)」

「第28回喫茶ギャラリ−・モーニング(ペン)」

posted by マロニエのこみち・・・。 at 11:21| Comment(8) | TrackBack(0) | 絵画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月16日

「12色クレヨンで静物を」

喫茶ギャラリーの課題写真の静物を
お気に入りのクレヨンで描いてみました

ごろごろ並ぶ不揃いのリンゴ・・
子供の頃、インドリンゴというものがありましたね
知人にこの話をしたら、
知らない・・という人が結構多くて驚きました
大きくてやたら甘くて・・・
今でこそ、改良品種のリンゴがたくさん出回っていますが
子供の頃は紅玉がまだ一般的
フジもまだ出ていなかったか、
あるいは出始めくらいだったかと思うのですが・・・
そんな中、なんとなく異国情緒漂うネーミングと
あの甘さが珍しかったのですが
原産がインドということではなかったらしいですね・・・

【京都マロニエ・お絵描き手帖】
「第28回喫茶ギャラリー・静物」

posted by マロニエのこみち・・・。 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月10日

「第28回喫茶ギャラリー 秋の上高地」

夜になって、また描いちゃいました
今度は水彩で真面目に・・・

上高地、行ったことありません
今頃はきっと寒いのでしょうね

「京都マロニエ・お絵描き手帖」

「第28回喫茶ギャラリー 秋の上高地」

posted by マロニエのこみち・・・。 at 02:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月09日

「まずはクレヨン画」

お仕事の前の契機付けに
まずは簡単なお絵描きを・・・

お気に入りのクレヨンを出してきて、
10分と15分でささっと描きました


「京都マロニエ・お絵かき手帖」

【ピーちゃん】

【季節はずれの花】

posted by マロニエのこみち・・・。 at 00:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 絵画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月06日

「乙女チック」

ええ、ええ、否定はしません
もともと好きなのですよ 乙女チックは・・(^^;

記憶の始めが、きいちの紙の着せ替え人形
そのきいちによく似た絵を描いてくれた
宝塚歌劇団の好きな曽祖父の塗り絵、文化人形、
りぼん、マーガレットのコミックマンガ、
オルゴール、ゆりかご、童謡、金髪&青い目のお人形、
なりたかった職業〜絵描きさん、バレリーナ、

小学生時代は吉屋信子を始めとする少女小説
あしながおじさん、小公女、赤毛のアン、
蕗谷虹児や高畠華宵、中原淳一の挿絵、編物、

中学は原田康子、コバルトブックス、石坂洋次郎、
平凡、明星、スター誕生、少女コミック、
ラジオ〜小沢昭一の小沢昭一的こころ(^^;
永六輔の誰かとどこかで(^^;)、オールナイトニッポン、

高校は、洋画、立原正秋、立原道造、八木重吉、
明治から昭和初期の文学小説、ビジュツ、文通、
ライオン奥様劇場(^^;)、 百恵ちゃん、郷ひろみ(^^;
anan、non・no、装苑、ドレメ、
そして俳句、剣道、新撰組と少し硬派になってゆくけれど、
本質はロマンが好きなのです
それが何か問題でも・・・?(笑

そんなわけで、ちょっと乙女チックな絵を描きました
少し前によく描いていた古い絵本の表紙みたいなのを・・・

モチーフは、部屋にあったものを適当に組み合わせたのですが
こんなマンガみたいのではなく、
もう少しマシな静物画が描けるように努力しますね(^^;

白地に赤の水玉
これ、今使っている私のマグカップですが、それがなにか・・・?

【京都マロニエ・お絵かき手帖】
ネット仲間展・35回投稿「パープルシャドー」

posted by マロニエのこみち・・・。 at 01:36| Comment(16) | TrackBack(0) | 絵画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月21日

「言いたい放題…佐伯祐三・日曜美術館」

本日、日曜美術館は、恋人(度々すみません・汗;)
佐伯祐三の特集だった

朝は、TVをつけていなかったので気がつかず
夜の再放送で、あっ!と気がつき、8分遅れで観ることができた
(・・・篤姫、終了していてよかった ありがとう!笑)

ということで、その番組の内容なのだけれど
自分の好きなものが取り上げられた場合
単純にうれしいかというと決してそういうわけでもなく
自分の持っているイメージと違うことばかりを言われると
どうしても不完全燃焼で終わってしまう
今日の番組は、まさしくそういう内容のものでした

以下、私の勝手な解釈の佐伯祐三なので、適当に却下して下さい

・・・人の魅力とはなんだろうと考えるとき
私はその人の持っている二面性やギャップ・・・ではないかと思う
私の思う佐伯祐三の魅力もそんなところにあるのだ

孤高、薄幸の天才画家、ニヒリズム、アナーキスト、
暗さ、情熱、病弱云々・・
結核を患っていたということで、
血を吐きながら人を斬った沖田総司と
どこか重なるような解釈が多いのですが
私の感じる佐伯祐三の魅力は、
情熱的な筆致で描くパリの下町の絵と相反し
どこか物哀しいような滑稽さを秘めた大阪の阿呆ボン、
佐伯祐三なのだといったら、世の祐三ファンに叱られるだろうか・・

おもろうてやがて悲しき ・・という言葉があるけれど
佐伯祐三の人生にも、そんな匂いを感じてしまう
関西人の性分の特徴のひとつとして、どんな哀しみや災難も
ギャグにしてしまうようなところがあると思うのだけれど
佐伯さんの場合は、癖というよりも、むしろ天然の感じがするのです
きっとお酒に酔ったら、
とんでもなくカッコ悪いことを仕出かしたりしたような・・

確かに結核ではあったけれど、
晩年、戸外の写生で悪化するまでのそれは至って軽度のもので
むしろ本人や周囲の人が脚色したのだという説もあり、
私はむしろ、その方が近いかも・・
否、そうであっても全然OKだったりするのだ

作品のほとんどは、妻、米子さんによる加筆で完成され
とんでもない恐妻家だったとか、
挙句に死因は妻の手による砒素中毒だったとか
そんなことに身の危険を感じての精神錯乱状態によるものだとか・・

そんなことをなんとなく見聞きし、むしろそんな方が
かえって佐伯祐三の、お坊ちゃまで天才である故の純粋さから来る
馬鹿馬鹿しいまでの物哀しさを感じてしまう

だからこそかえって、加筆はされていないだろうオリジナルの作品
最晩年の「煉瓦焼」「扉」「黄色いレストラン」「郵便配達夫」の
鬼気迫るような激しさが身につまされたりする

日曜美術館では、
むしろ脚色やイメージのほうの佐伯祐三ばかりが描かれていた
もちろん、私だってお会いしたことがないので、
どんな人が本当の佐伯祐三なのかを知る由はないが・・

でも、沖田総司の魅力も、むしろ二枚目ではなく、
ヒラメのような顔をした冗談ばかり言っている若者・・
でありながら、実は天才剣士・・・
ということの方がむしろ魅力を感じると思いませんか?

ただ、番組でよかったのは、やはり絵がすごくリアルに観られたことです
パンフレットや本ではわからない油の立体感や
殴りつけるかのような激しい筆跡がとてもよく確認できました
やはり佐伯祐三の絵は、本当にスゴイのです!!
どこまでもあの魅力にハマってゆく自分を感じます
はい、あの嘘をついているような
あまり知性を感じない目が好きなのです(笑

祐三ファンの方、本当にごめんなさい

posted by マロニエのこみち・・・。 at 23:58| Comment(6) | TrackBack(0) | 絵画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月19日

「あいかわらず、お絵描きな日々」

相変わらず、気分転換にヘタ絵を描いております
先日のクレヨン画の続き・・・

●猫ちゃんの絵です
「第27回喫茶ギャラリー マフィ」

●浅間山の絵です
「第27回喫茶ギャラリー 浅間山」

こちらはちょっと真面目な絵です
時代に取り残されたような、ある街の風景・・・

ネット仲間展・34回投稿【ある街の風景】

全て、こちらに収録しています

【京都マロニエ・お絵描き手帖】


なんで絵を描くのか・・・
もしかしたら、現実逃避のひとつなのかもしれません・・・

posted by マロニエのこみち・・・。 at 12:45| Comment(6) | TrackBack(0) | 絵画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月13日

「紅葉の嵯峨野」

この秋は、大原や嵯峨野に足を延ばし
紅葉や秋の風景をゆったりみてみたい・・なんて思っていたのですが
そんな考えは甘かったです(^^;

まず第一にお引越し・・・
でも、賑わいの多い紅葉スポットとはご縁ができませんでしたが
カラスを始めとする野鳥や、柿、葱、山芋といった(笑)
恵みの多い自然に近しくなりました

そんな嵯峨野の紅葉を課題写真から描いてみました
とても難しく、泥沼にはまりました・・・(^^;

【京都マロニエ・お絵かき手帖】
「嵯峨野」

posted by マロニエのこみち・・・。 at 15:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月10日

「第27回喫茶ギャラリー Sangimignano遠景」

連日、暗いニュースが続いています

年末なのに解雇される人が多いという情報の中
おかげさまで仕事は毎日のように入っては来るのですが
立て込んでいるのになかなかはかどらず、年末の行事もあり
また、年内に済まさなくてはならないことも多々あり・・・
カレンダーを見ては溜息をついています
だからと言って体力以上のことをする元気はなく
無駄に時間ばかりが過ぎて行くような気がします・・・

そんな重い気分の転換に、休憩時間、
いきなり15分程度で完成する早描きの絵を描いています

多少書き殴りですが、半分より上の色が気に入っているので
ギャラリーーに投稿しました

【京都マロニエ・お絵描き手帖】
「第27回喫茶ギャラリー Sangimignano遠景」

posted by マロニエのこみち・・・。 at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月07日

「描きたい絵」

どんな絵が描きたいか?
描いていて無理のない(疲れない)絵、
そして印象に残る絵でしょうか・・・

色んな描き方を試しているうちに、
自分が描いていて楽しい描き方がどれなのか・・・
なんとなくわかってきたような気がします

相変わらず、合間をみてはちょこちょこと早描きを楽しんでいます

【京都マロニエ・お絵かき手帖】

「第27回喫茶ギャラリー ベネチェア.マッジョオレ島」

「第27回喫茶ギャラリー ある日のスペイン広場」 

「第27回喫茶ギャラリー バレリーナ」

「第27回喫茶ギャラリー 走れ、走れ」

posted by マロニエのこみち・・・。 at 23:54| Comment(4) | TrackBack(0) | 絵画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月06日

「画材のお買物」

画材

画材のストックがかなり切れていたのですが、今日と明日
時々調達に行く画材屋さんのバーゲンがあることをH・Pで知り
いそいそと寒さを堪えて行って参りました
その画材屋さんとはこちらです・・・

画箋堂

WEBの割引券をコピーして持っていけば、
通常20%OFFのところ、更に5%OFF
あまりこういうバーゲンって面倒で行かないのですが
画材って本当に高いんです(涙

紙も、水彩の滲みや発色、拘りだしたらきりがないのですが
ここしばらく紙がなく、この黄色とモスグリーンの
定番のスケッチブックに描いていました
でも、意外に描きやすかったのです
なんだ・・どうせ練習なんだからこんなのでいいんだ・・・
と思い、たくさん調達してきました〜(笑

ケイヨウも一緒に行ったので、このクレパスも買わされて・・・
ほかにもあれこれ言うものだから、
『サンタさんにお願いしておきなさい』
と言っておきました(;;

このハガキサイズのケント紙は、80枚で157円
何故か二人とも同じものを籠に入れていました(笑

足りなくなっていた絵の具や、ちょっとまともな筆も買えて
これ全部で6,500円程度でした
いい買物ができたときって気分が高揚してしまいますね!

posted by マロニエのこみち・・・。 at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月03日

「憧れのアッシジ…フランチェスコ大聖堂」

高校のクリスマスの頃、
あの水野さん解説の水曜ロードショーで
【ブラザーサンシスタームーン】の映画を観て以来
ずっと憧れの地だったアッシジ・・・

ネット仲間展でお世話になっているKNakajimaさんがイタリア旅行に行かれ、
サンフランチェスコ大聖堂の
お写真を喫茶室にUPして下さったのでさっそく描いてみました

私にしては丁寧に、正攻法で気合を入れてアクリルで・・・
どうぞご高覧くださいませ
もっと描き込みたいのですが、ひとまず・・・

「京都マロニエ・お絵かき手帖【サンフランチェスコ大聖堂】」

posted by マロニエのこみち・・・。 at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月28日

「セーヌの露天商」

外国は、全て仕事がらみで職場から行かせて頂いた

ファッションウィーク会場でファッションの動向をリサーチしたり、
現地にある支店の人と交流したり、
商談のためのプレゼンだったり、縫製工場の視察だったり、
あるいは街角ウォッチングだったり・・・

でも仕事を離れた自由時間は、
私自身が当時はゴルチェ以外のブランドには興味がなかったため
パリに行っても、ブランド買いをするわけでもなく・・・

あちこち行くには時間が足りないので
ただふらっとカフェに入ったり、本屋に行ったり、
ホテルの前の学生寮の廊下を歩く若い人を観察したり、
路地裏の小さな店で、チーズや水を・・
あるいは花屋さんでお気に入りの花を買ったり・・
そんな普通の生活みたいなことをしているほうが楽しかった
買物は、サンジェルマンデプレで面白いデザインの靴を見つけ
衝動買いをしたっけ・・

ピンク色の頬をした可愛い男の店員さんに
『私の足に合う靴をください』
と言ったら
『ボクはあなたのサイズを知らない』
と言って真っ赤になってた・・
アルバイトか何かだったのだろうか・・・

いつも絵を投稿している仲間展で、いつもの課題と違い
オリジナルの絵を出すため、昔撮った写真をごそごそ探した
ルーブルの帰り道、セーヌの畔を歩きながら、
煤けた葉書や絵を売っている露店を撮った写真
あ、これだ・・・まずはこれだわ・・と思い描いてみた

季節は厳寒の冬
灰色の陰鬱な空
でも焼栗の香ばしい香りがあたり一面に漂っていて
これがパリの匂いなのかと思った・・・
絵を見て頂ければわかるように、
まだフラン札が使われていた頃のお話・・・

「京都マロニエ・お絵描き手帖
…ネット仲間展34回投稿,【セーヌの露天商】」

posted by マロニエのこみち・・・。 at 23:11| Comment(8) | TrackBack(0) | 絵画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月24日

「第26回喫茶ギャラリー 見附橋〜副題【忘却の夏】」

昨夜、島田紳助さん司会の、チャリティー番組がありました
有名人が絵を描いて会場でオークションをし
その売り上げで、カンボジアに学校を建てようという企画です

(デロンギを買って以降、暖かいので
TVの部屋でまったりしてしまいます^^;)

見たのは途中からですが、著名人の方の多彩ぶりに驚くと同時に
やはり絵は漫然と描くものではなく
なにか意図するところを持って描くべきだと・・
そうでなければ見る人の心には響かないものだと改めて思いました
別に好きで描いているだけの絵なので
感動などなくてもそれはそれでいいのですが・・

構図が面白くて描きだした喫茶ギャラリーの課題写真
いつのまにか描く途中から、私なりの思いを込めていました

このブログに書く事全てが私の日常ではないわけで
それ以外にもいろんなことをし、
色んな思いを抱いて日々生活しています
今年の夏は、私にとって正念場のような暑い夏でした
後年思い出せば、きっと苦く辛い思い出が甦る事と思います

でも、そんな毎日でも、周囲の方々
そしてこうしてネットで知り合えた皆様に、いつも力を与えて頂き
向こうにある希望の光を感じつつ、ようやくあと一月で
辛かった一年を終えることが出来そうです
そんな夏を、きっぱりとした絵で終焉したい
小品ですが、ようやく復活したこのところの手慰みの
それなりの集大成のような思いの絵が完成しました

別館にUPしています
課題写真の表題以外に、副題もつけました・・・

【京都マロニエ・お絵かき手帖】
第26回喫茶ギャラリー 見附橋〜副題「忘却の夏」

posted by マロニエのこみち・・・。 at 17:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 絵画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月20日

「引き続きお絵描きの秋」

引き続き、ちょこちょこと絵を描いております
別館に色々とUPしています
時間をかけずにささっと描くほうがやはり好きです

【京都マロニエ・お絵描き手帖】

「喫茶ギャラリー・第26回 京都・藤森神社A」

「喫茶ギャラリー・第26回 赤城山遠望」

「喫茶ギャラリー・第26回 利根川沿いのとある風景」

posted by マロニエのこみち・・・。 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。