2008年02月10日

「雪の日はお絵描き」

京都は昨日、雪が降りました
久し振りに積もっています
こんな日は、子供と雪だるまでも作りたい気分なのですが
溶け出した路地の雪は危険です
時々すごい音がするので、なんだろうと気にしていると
屋根に積もった雪が落ちているのです
狭い道の両側からどさっと落ちる雪・・
怪我して後悔しないように、こんな日は、
お部屋でおとなしくしているのが一番ですね・・・(^^;

『雪の降る夜は楽しいペチカ♪』
と洒落込みたいところですが、あいにく我が家の暖房はエアコンだけ
PCの置いてある場所は玄関先の石を敷いた土間なので
下から冷気が漂っていて寒いです(涙

寒さにもめげず、お絵描きをしました
課題も描き方も、全然違うところがおかしいですね
喫茶ギャラリー】と
京都マロニエ・お絵描き手帖】にUPしています

●「第17回喫茶ギャラリー【猫と少女】」
●「第17回喫茶ギャラリー【オランウータン】」  



posted by マロニエのこみち・・・。 at 11:52| Comment(8) | TrackBack(0) | 絵画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月04日

「京都・西木屋町・美松会館」

先日、別館にUPした写真の中の一枚を絵にして、
第24回ネット仲間展】と、【京都マロニエお絵かき手帖】にUPしました

高瀬川沿いに隣接した雑居ビル・・
四条から下がった少しうらぶれた通りにある
時代に取り残されたような建物・・・
建物の裏側には、エアコンの配水管や、黒い電線がぶら下がり、
壁は変色しています
でも、春には桜に彩られる・・・そんな街に惹かれました

どうぞご高覧下さいませ♪

posted by マロニエのこみち・・・。 at 11:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 絵画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月27日

「懐かしの昭和・・憧れの人」

自他共に認める『面食い』だと思うのですが、この方だけは別格・・・
もしも目の前に現れて、じっと見つめられたら、
まともに目を合わせることは出来ないでしょうね
何もかも見透かされそうで・・・

自分の弱い部分も、見られたくないイヤな部分も・・
でも、
『それでいいんだよ』
なんてさりげなく言われたら、きっと泣き出してしまいそう・・・
私が最も、男性の色気を感じる男性
永遠の憧れの人・・

さて、私は一体どなたのことを、つぶやいているのでしょうか
その答えは、別館・お絵かき手帖でわかります・・・(^^;

【懐かしの昭和・オフ会】
喫茶室に寄せられた、皆様のコメントも面白い・・・♪

posted by マロニエのこみち・・・。 at 13:04| Comment(4) | TrackBack(0) | 絵画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月26日

「懐かしの昭和・・・糸巻きを使って」

先日も古い【暮らしの手帖】のお話をさせて頂いたのですが
今開催されている【ネット仲間展】の【懐かしの昭和・オフ会】に
本の【糸巻きを使って】という記事をイラストにして投稿しました
別館【京都マロニエ・お絵かき手帖】にもUPしています

さて、この記事に取り上げられた『木製の糸巻き』
このところ、ほとんど見かけませんね
仕事柄、糸を使い切った糸巻きは、
毎日のように排出しているのですが、
まずほとんどがプラスチック製ですね
たまに見る木製のものは、小巻のもので、形も変形型です
この記事をじっくりと見ていたら、
工作したい気分がムラムラと沸いてきます(笑

で、昨日オフ会に投稿した記事に、
いつも素敵な絵を投稿されていらっしゃるご常連の【sho3さん】から
とってもうれしいコメントを頂戴致しました
そのコメントはこちらです

マロニエのこみち・・・。さん、懐かしいものを見せて頂きました。
糸巻きで思い出しました。
糸巻きと輪ゴムと割り箸、爪楊枝、そして壊れたそろばんの玉か
ボタンを使って走らせていました。
「戦車が走るぞお」


イラストつきで、コメントを頂戴しましたので
喫茶室】にてどうぞご覧になってください

これって、私もすっごく懐かしいです!
糸巻きに輪ゴムを通して遊んでいたのを
このコメントで突然思い出しました
確か幼稚園の頃だったと思うのですが・・・

多分、幼稚園の先生に、材料を持って来るように言われ
皆で作ったような気がするのです
もちろん、私は『戦車』とは言いませんでしたけど・・(笑
こんな遊びを知っているのは、昭和何年生まれまでなのでしょうか・・
木の糸巻きが、プラスチック製に変わってしまったのは
いったいいつ頃からだったのかしら・・・
プラスチックの今でも、子供たちはこんな遊びをするのでしょうか
ケイヨウの保育園は、昭和の頃の懐かしい遊びを、
よく教えて下さる素敵な園なのですが、
この工作は、まだないようです・・
『家庭洋裁』というものが一般的ではなくなった現代、
素材に関係なく、糸巻き自体の調達が難しいのかもしれませんね

posted by マロニエのこみち・・・。 at 11:44| Comment(6) | TrackBack(0) | 絵画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月22日

「昭和オフ会&この季節聴きたい曲」

先日もご紹介させて頂いたkitaさん主催の【ネット仲間展】ですが
不定期的に【オフ会】と称し、ユニークな試みをされています

昨年の秋には【コスモスオフ会】・・
各々の思いのあるコスモスの絵を持ち寄って発表したものでした
今、募集を募っているのは【懐かしの昭和】です

懐かしの風景、写真、遊びや玩具、
古い絵から引き続き昭和の漫画、スター、ファッション、
その他諸々昭和を感じるものならなんでも


ということで、
実はこのプラン、ずっと以前に提案してみたのですが、
取り上げて頂いて、とてもうれしく思っています♪

で、トップバッターに投稿されたのが、
美しくエレガントな作風の、ブルグ仲間界のルノワール・・
とでもいうべきvasenoir さん
一見、繊細な絵の中に、明るい強い光のエナジーを感じて、
いつも元気と刺激を頂戴してるのですが、
そのvasenoir さんが、昭和40年代の終わり頃に、
お友達と三人展をされたときの案内状や、
ファッションイラストを投稿されていました

この匂い、これ!なのですよ〜〜♪
まさしく【70年代の昭和】なのです・・・♪

で、私の思考&嗜好回路は、このところ毎年定期便になっていて
この季節、聴きたい曲は

●【オイゲン・キケロのロココジャズ】
●【カルロス・ディ・サルリなどのアルゼンチンタンゴ】
●【70年代、日本のCSN&Y、フォークロックグループGARO(ガロ)】


なのですが、この仲間展にUPされているvasenoir さんのお写真が
いかにも当時のガロを彷彿とさせてたまらないんですよ〜♪

ガロ・・・
そう、あの【学生街の喫茶店】で有名なあのガロです
この方たちのオリジナル曲を収録したCD、色々と収集していて
この季節になったら聴きたくてたまらなくなるのです

あのトンボめがねで印象的だった【マーク】さんの作品の曲調は、
確かにCSN&Yであり、あるいは
サイモントガーファンクル的でもあるでしょうか・・・
静かで明るい森の、湿気の多い湖畔に佇んでいるようなイメージ

また、日本のGS時代を思い起こさせてくれるような、
火を噴きそうなエレキギターの音色と、
鼻に掛かったハスキーボイスの苛々している感じがたまらない
【トミー】さんの曲と声が・・・しびれます・・

【学生街の喫茶店】のボーカル担当だった
【ボーカル】こと大野真澄さんは、セツモード学園のご出身
ガロ解散後は、内田裕也さん、松田優作さん、三浦友和さん
といったかなり渋い面々の音楽活動のバックヤードをされたり、
あおい輝彦さんの【あなただけを】の作詞などで有名ですね♪

・・と、この3種類の音楽については、
ここ数年、毎年書いているような気がしますが(^^;
もしよろしかったら聴いてみてくださいね♪
オイゲンキケロについては、サイドバーに、
試聴コーナーを設置しております(笑

また、懐かしの昭和オフ会にも、どうぞふるってご応募下さいませ♪

posted by マロニエのこみち・・・。 at 10:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 絵画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月20日

「絵画日和」

悪い癖で、また忙しい時に限り、夜中に絵を描いてしまいます
気分転換ですね・・
今日は早く寝ようと思っていたのに、結局遅くなってしまいました

いつもの課題写真を題材にした
喫茶ギャラリー】に投稿した絵を、別館にもUPしました

以前にボツ絵と下書を見て頂いた
●森の妖精のような少女の絵
●天草を干した漁港の絵
●湖のほとりのアザミの花

と、今回もバラエティに富んでいます

京都マロニエ・お絵かき手帖

posted by マロニエのこみち・・・。 at 02:40| Comment(4) | TrackBack(0) | 絵画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月11日

「気晴らし」

仕事が思い切り立て込んでいて、
おまけに手がかかるものが多く、
なかなか思うように進まないので
納品が少しずつずれ込んできております
お待たせしているお客様、申し訳ございません・・

そのため、ブログ周りもままなりません
いつも来て下さる皆様、申し訳ございません・・

ということで、こういうときは少しストレスが溜まりますので
そんな日は、そろそろ就寝と言う時間に
気分転換のため、絵が描いてみたくなったりします

昨夜は、続けて3枚の絵を描きました
ニューメキシコの牛、鴨川の虹、教会・・
いずれも喫茶ギャラリーに提出している課題写真ですが、
全然イメージの違うモチーフです(笑
絵の描き方も違います
どうぞご高覧下さいませ・・

●【喫茶ギャラリー】

●【京都マロニエ・お絵かき手帖】

posted by マロニエのこみち・・・。 at 10:13| Comment(8) | TrackBack(0) | 絵画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月05日

「懐かしの昭和…ひなたぼっこ」

2006年10月28日
「昭和の思い出…懐かしの玩具」



以前書いたこちらの記事の写真の中から、一枚を絵にして
ネット仲間展】と
京都マロニエ・お絵かき手帖
にUPしました♪

描いているうちに、昭和の感触と匂いを思い出しました

posted by マロニエのこみち・・・。 at 17:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 絵画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月19日

「古い絵・徒然」

昨日の記事でご紹介させて頂いた
喫茶ギャラリーオフ会・古い絵
あまりの濃い内容に毎日飽きることがありません

主催者のkitaさんが、70年代に描かれたというある作家の顔
さて、誰でしょう?というご質問に、70年代ということで
とっさに三島由紀夫氏の名前が浮かんできたけれど
どうやらこのお顔は違うようだ・・
やはりこれは、志賀直哉さんに間違いないと思った・・
で、やはりそれは当たっていた

高校時代、乱読していたのは純文学で、今も本当に好きなのは、
主に明治から昭和の始めにかけての古典的文学なので、
新しい本にはほとんど興味がなくてどうもいけない
たまに読んでみても、ほとんど感動を覚えない

明治生まれの、本と絵の大好きな曽祖父に可愛がられて育ち
少女時代は母の裕次郎さんのブロマイドを見て大きくなり
中高時代は、少しおませな文学少女
大人になったら、話の合う10歳くらい年上の人とばかり
親しくなることが多かったので、
どことなく感覚が、老成してしまうのは否めないのである
また、やはり私は古いものが好きで、
そして実はかなりの本物志向なのである

それと、志賀直哉さんに関しては、
主が志賀直哉さんの文集の顔写真を見て、
『ほんまに誠実で知的な顔やと思わない?』と
時々言っていたので、記憶のどこかにあのお顔があったのだろう

主は一浪して美大に入学したものの、肝臓を患って中退している
亡くなってから荷物の整理をしているとき、
たくさんのラフなイラストや、殴り書きや、
前衛的なデッサンやアクリルの絵が出てきた

今回、古い絵を出品されていた方で、
いつも繊細な絵を描いておられるF生さんという方が
お若かりし頃の激しい絵をUPされていて
『若さ故の暗い情熱です』とコメントされていたのが印象的だった

私も主が、捨てるに捨てられず、
押入れの奥深く仕舞ってあった今まで見た事のない絵を見て
話に聞いていただけの、若かりし頃の内面に、
直接触れたような気がして驚きと新鮮さを覚えた
そのたくさんの絵を初めとする多くの遺品に向き合ったとき
確かに心の中で、色んな会話をしたものだった
そのときは、涙などはなく、生前、お酒を頂きながら
色んな昔話を聞いていたように、楽しい会話を続けていたように思う

それにしても、今こうして少しだけ足を踏み入れたネットの世界で
見知らぬ人のあることをきっかけに、色んな記憶が思い出され
あらゆることがどこかで繋がっていることの不思議さを
改めて感じたりする

先日ご紹介した絵画展を主催しているあとりえに、
ケイが通い始めた頃、ぼんやりとイメージしたのは親子展のことだった
もちろんずっとずっと先のことになるとは思うけれど、
ケイの絵、私の絵や作った服、そして主の残した絵や染色した着物を
法要の代わりに、身近な人に、見て頂けたらいいなということだった

ケイと私はいいとしても、問題は故人の承諾を得ていない絵を
出してもいいのかということである
『やめて〜や』という声が聞こえてきそうな気がするからだ
今回、私のヘタな絵であるとはいえ、顔を公に晒されてしまった
それも本人にすれば、きっと迷惑がっているに違いないから
心の声を、もっと聞いてみなくてはならない

posted by マロニエのこみち・・・。 at 20:44| Comment(4) | TrackBack(0) | 絵画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月18日

「喫茶ギャラリーオフ会・古い絵」

面白い、興味深い、しみじみと心に沁みる・・・

あまりにもユニークな企画が【喫茶ギャラリー】で開催されております
古い絵を集めた企画です

一枚の絵の中に込められた若き日の情熱や思い出、
懐かしい風景が、一挙に公開されております

私も高校時代のスケッチブックが一冊残っていたはずなので
探してみたのに何ででしょう
出てきません・・・(^^;

私も比較的新しい絵ではありますが
1900年代終盤に描いたちょっと面白い絵を、3枚UPしてきました
別館のお絵かき手帖にもUPしました
どうぞご高覧下さいませ・・・

喫茶ギャラリーオフ会・古い絵
京都・マロニエ・お絵かき手帖

posted by マロニエのこみち・・・。 at 13:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 絵画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月16日

「アトリエ・ウーフ絵画展」

ウーフ・絵画展@

ウーフ・絵画展A

ウーフ・絵画展B

ウーフ・絵画展C

ケイヨウが通っているアトリエの絵画展が
今、七条京阪近くのギャラリーで開かれています
残念ながら、今日の夕方6時まで・・

私たちは、昨日保育園の帰りに寄ってきました
今回は、13歳以上のメンバーさんを対象にした絵画展

アトリエでは、毎週土曜日、
ハンディキャップを持った人や、そうでない人
小さな子供から大人まで、色んな人が集まって、
思い思いに、自由に絵を描いています
私たちとこのアトリエとの出会いも、今にして思えば、
出会うべきして出合った不思議な縁を感じるものでした

アトリエのことが気になってから数年
昨年初めてアトリエを訪れたとき、
その穏やかで自由で気さくな居心地の良い空気感に、
私たち親子は行った瞬間からすっかり馴染んでしまいました

ギャラリーに展示された感性豊かな絵を観ていると
人一人が持つ限りない力や可能性を感じ
体の底に、温かなパワーがみなぎって来るような気がします

もし、お時間のある方は、お立ち寄りになってみられては如何でしょうか
併設されたミニギャラリーの、同じくアトリエのメンバーである
北村博子さんの個展(下段左)は、今月30日まで開催されています

posted by マロニエのこみち・・・。 at 11:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月09日

「第十五回 喫茶ギャラリー フラメンコ」

創作モードに入っています
このところ、なにやら慌しいので、気分転換に丁度良いです

情熱的でロマンティックなフラメンコの課題写真の絵を描いて
京都・マロニエ・お絵かき手帖】にUPしました

posted by マロニエのこみち・・・。 at 14:33| Comment(12) | TrackBack(0) | 絵画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「第十五回 喫茶ギャラリー ころ柿」

先の記事は林檎ですが、次はクレパス連作で
牧歌的な課題写真が印象的な「ころ柿」の絵を
京都・マロニエ・お絵かき手帖】にUPしました

・・・つぶつぶを描くのが大変だった・・(汗

posted by マロニエのこみち・・・。 at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「第15回喫茶ギャラリー 長野の赤い宝石」

先日の林檎の絵を別館にupしました
長野の林檎、やはり中の蜜がたっぷりで美味しいです♪

京都・マロニエ・お絵かき手帖

posted by マロニエのこみち・・・。 at 04:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月02日

「ネット仲間展・22回投稿,【自画像・46】」 

【ネット仲間展】に出品した自画像を
別館【京都・マロニエ・お絵かき手帖】にUPしました

「ネット仲間展・22回投稿,【自画像・46】」 

posted by マロニエのこみち・・・。 at 02:57| Comment(10) | TrackBack(0) | 絵画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月27日

「ネット仲間展 22回投稿」

時々出展している【喫茶ギャラリー】に併設された
【ネット仲間展】に初投稿しました
まずは、ヌード画です♪

新別館【京都・マロニエ・お絵かき手帖】にも
UPしております

posted by マロニエのこみち・・・。 at 02:27| Comment(4) | TrackBack(0) | 絵画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月24日

「第14回喫茶ギャラリー 木の実 」

・・・と、一応タイトルを書いたものの
このところ、絵画のカテゴリーが増えてきたため
こちらも別ブログを作ろうかと思案中です

ということで、一応こんなものを作ってみたのですが
これって、如何思われますか?
記事下にやたらとスポンサーリンクが入るので
いまいちレイアウトが好きではないのですが・・・

あ、テンプレートのデザインは色々とあるのですが
ラブリーなのを使ってみました

そう思うと、ラブログのレイアウトは、
余計なものが入らないので、すっきりしていていいんですよね
エキサイトも投稿がしやすいし、気に入っているのですが・・・

【京都・マロニエ・お絵かき手帖】

posted by マロニエのこみち・・・。 at 02:17| Comment(4) | TrackBack(0) | 絵画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月19日

「喫茶ギャラリー・第14回 赤い毛布&800投稿」

●muse WATSON PAPER 205 F-4
●ぺんてるエフ水彩●2時間

私の出品した課題写真
お気に入りの赤いチェックの毛布
なかなか描いて下さる方がいないので、まずは自分でチャレンジ♪

マーカーと色鉛筆でさらっと・・・と思っていたのですが
あえて水彩で描きました
ウール毛布の温かさを出すために色を重ねたら
油絵のような質感になりました

ところで、この記事で800投稿
いつもご高覧頂きましてありがとうございます♪

この記事は、別館【京都・マロニエ・お絵かき手帖】に移動しました

posted by マロニエのこみち・・・。 at 06:46| Comment(18) | TrackBack(0) | 絵画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「喫茶ギャラリー・第14回 芝生広場へレッツゴー!」

●muse WATSON PAPER 205 F-4
●PILOT Vpenで下書き&ぺんてるエフ水彩
●約1時間

素敵な課題写真だったので、描いたのですが
なかなか自分がイメージしている絵にはならないものです

●この記事は、別館【京都・マロニエ・お絵かき手帖】に移動しました

posted by マロニエのこみち・・・。 at 06:40| Comment(4) | TrackBack(0) | 絵画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月12日

「喫茶ギャラリー・第14回 子猫の兄弟」


●muse WATSON PAPER 205 F-4
●ぺんてるエフ水彩●2時間


描きこむときりがないので、制限時間の2時間で終了

このギャラリーに参加させていただくようになり
絵を描く機会を持つことが出来ました
こんなことでもなければ、絵筆を持つことなど、
そうそうなかったことでしょう・・・

少し前から、絵を描く楽しさや難しさを
改めて感じることができるようになりました
だから欲も少しは出たのか、
色々な絵を、描いてみたいと思うようになりました

仕事でよく使っていたのは、マーカーと色鉛筆ですが
そんな画材も棚から引っ張り出してきて
描いてみたいなあと思っています

自分の絵に、納得し、満足感を得ることが出来るのは
いつになるのかわかりませんが・・・

こちらの絵は、【京都・マロニエ・お絵かき手帖】に移動しました

posted by マロニエのこみち・・・。 at 07:39| Comment(10) | TrackBack(0) | 絵画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。