2015年11月09日

「九州場所はじまりました」

大相撲が始まった
とにかく、お相撲が好き
残念なのは、今、特に応援している力士がいないことだけれど
それでも、始まるとうれしい
一連の流れを眺めながら...
解説を聞いているだけで楽しい
あの様式美、会場のザワメキ、全てひっくるめて好き
特に好きなのは、北の富士親方
的を得た解説、渋い、お洒落、優しい
時々、びっくりするような毒舌とぽかの
突然の変化球に驚かされるけど(ラジオだと更に・・笑
親方の毒舌には、愛がある、男気がある
ほんとカワイイ、可愛げのかたまりのような・・
時々、お声の調子がお悪いときなど
もう、気になって仕方が無い
ほとんどラブですね(笑
それにしても、昨日の最後の取り組みで
親方がせっかく
「びっくりぽんや」とリップサービスをしてくださったのに
そこを誰も拾わなかったNHKのアナウンサー
そこはダメでしょ 拾わなきゃ・・ほんとに、もぉ
親方、大丈夫です
私は聞き漏らしませんでしたから(笑
でも、あのひとことで、親方が朝ドラをご覧になっていることが判明
 今日からの朝ドラが、よけいに楽しくなりました♪
posted by マロニエのこみち・・・。 at 08:22| 京都 ☁| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月23日

「イチローさん、あと2本!」

ケイヨウの憧れの人イチローさん♪
オリジナルケイヨウTシャツには

ganbarimatyu
doryokutimatyu
ICHIRO-detyu

のロゴが・・(笑

そのイチローさんが200安打記録達成まであと2本!!!
そのイチローさんも尊敬されている王さんが
ホームラン王になられたときの、あのドキドキを思い出します
いずれにしても、もう秒読みで、達成されることは間違いなし
余裕ですね
淡々とカッコよく記録更新されるんでしょうね
素敵なイチローさん、親子で応援しています♪

付録記事リンクです
私の大好きな大好きな王さんのことを、
ケイヨウの憧れの人、イチローさんが語っておられるお宝記事です♪
(王さん所縁の阪神城島も、実は私、隠れファンだったりして・・^^;)

王監督と過ごした時間
イチローと城島が振り返る (1/2)
2008年9月24日(水)


posted by マロニエのこみち・・・。 at 12:01| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月19日

「2009・運動会日和」

2009.9.19.運動会

今日は、地域の小学校の、交流運動会に参加しました
今までほとんど練習を真面目にやっていなかったので
どうなることかとハラハラでしたが
昨年同様、本番に強い性格が幸いし、
お祭り男の面目躍如で、思い切り楽しんでくれました
私もようやく肩の荷が下りました(ホッ・・^^;

引越しのため、昨年参加した小学校とは違う学校なのですが
各々特徴があって面白いですね
ちなみに昨年UPした
「いまどきの運動会」の記事はこちらですが
この学校でも、ほぼ同じ感じ・・
来賓の挨拶も全くありませんでした

面白かったのは、この学校独特のものでしょうか
応援合戦は、色別に分けた縦割りのクラスで
太鼓、旗、ボンボン、三三七拍子などで、各自の応援合戦や
相手チームへのエール交換もするのですが
「今から〜〜〜 ●組の〜〜〜 応援合戦を始める〜〜〜」
というかなり硬派な口調なのです
それを後ろで見ていたOBらしき女の子たちが
「声が入ってない!」と言っていたりして・・
伝統なのでしょうね
面白かったです

先日のケイヨウの写真館でもUPしていたように
竹林があるので、そこで取れた竹でしょうか
騎馬戦の代わりに【竹取物語】という種目があって、
大きな竹の両側を包んだ物干し竿みたいなものを
15本ほど運動場の真ん中に置き
両側から対抗チームが走ってきて、取り合いをするのです
それも、取ったものから陣地に運び、
必ずしも自分の前にある竹を取るのではないので
あちこちから入り乱れ、騎馬戦みたいに迫力があるのです
何本も綱のある綱引きみたいなもの・・
見応えがあって面白かったですよ

今日は一日カンカン照りの暑い一日でしたが
日陰は風が気持ちよくて最高の運動会日和でした
とにかく大きなイベントが無事終了し安心しました〜〜(^^;

posted by マロニエのこみち・・・。 at 18:54| Comment(6) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月12日

「ある素敵な女性のこと」

パラリンピックが開催されています
選手の方々の能力の素晴らしさはいうに及ばず
いつも感心してしまうのが、
選手の方をサポートしている装具の性能、
装具士の方々の技術の素晴らしさです
本当にあの進化たるやすごいものですね・・

競技を観ていると、私はいつも、一人の女性を思い出します
私よりも二歳年下でしたが、卒業した専門学校が同じで、
どうやら一年先輩だったようです
彼女の右手は肘から下が肌色の義手でした

出会ったのは私が初めてアパレルメーカーに就職したとき
もう、四半世紀も前のことですが・・・
私は退職されるその方の代わりのデザイナーとして入社したのです
二週間足らずの引継ぎ期間、毎日一緒に行動し、
私は彼女から本当に色々なことを教えて頂きました

第一印象は、明朗で聡明な細身の美人、ストレートの長い黒髪、
当時流行し、そのアパレルでもよくコピーをしていた
ピンクハウスの白いフリルのブラウスがとてもよく似合っていました

そこは京都のブラウス専門メーカーで、
経理をかねた社長、営業が2〜3人、企画はたった1人という
一度経営破たんをした後、縮小再建した小さな会社でした
デザイン、パターン、生産のための職出しという全ての工程を
デザイナー1人が担当しなくてはならなかったのですが、
右も左もわからない私に、アパレルの仕事がどんなものなのか
教えてくれたのは彼女でした

入社し、数日経った頃、私達は同じボディー(トルソー)に向かい
ブラウスの立体裁断をしていたのです
ここをこうして・・と、器用に左手でマチ針を打ち
ボディーを支える右手にふと目をやったとき・・・
私は思わず、息を呑みました
当時はまだ今のように義手の性能もよくなかったのだと思います
その手はかろうじて目立たない肌色でしたが、マネキンと同じ
動かない、抑える機能しかないような、形だけのものでした

驚いたのは、手のことそれ自体よりも
その数日、自分自身が、全くそのことに気づかなかったことです
それ程に彼女は、なんでも自分ひとりで難なくこなし、
そして誰よりも明るかった・・・
大好きなピンクハウスのコピーブラウスのコストを抑え
そして美しい製品に仕上げることに、何よりも情熱を持ち
楽しんで仕事をしていることがよくわかりました
明るくて美しい一人の健康な女性だと思っていたのです

義手に気づいた私のほんの一瞬の
止まった微妙な時間と空気を変えてくれたのも、
彼女の明るい声でした

彼女は退職し、同じようなピンクハウス系の服が得意な
重衣料なども扱うもう少し大きな会社に転職し
私は彼女の仕事を引き継ぎましたが、
何といっても初めてのメーカーでの仕事
それも優秀な彼女の後の・・・
そして、社員の誰からも信頼され、愛されていた彼女の・・・

私の荷はかなり重いものでしたが、彼女に少しでも近づけるように、
あの明るさや熱心さや強さを学べるように・・
ただそれだけを目標に頑張ったように思います

あるとき、仕事の後、職場の皆で食事に行ったとき
『やはり、●●さんを選んで正解だったよ』と
私を元気付けるためか、営業さんの一人が言ってくださいました

メーカーの仕事は初めてだから、どうしようかと思ったけれど
Yさんが、●●さんのことを気に入ってさぁ

『あのコンテストにたくさん入賞していたエクボの人がいい』

と強くプッシュしたので、その一言で決めたんだよ・・と
そのとき私は初めてその経緯を知りました
Yさんとは、もちろん彼女のことです

初めての面接試験で、もし落ちていたら・・・
私はきっと、学校を意に反して卒業したときからの
大きなコンプレックスを拭うことができなかったように思えます
お世辞であっても、私でよかったと言ってくださったように
私もまた、メーカーでの初めての先輩が、Yさんでよかったと
心から思い感謝しました

あれから同じ業界にいながら、一度も会うことはなく、
どんな人生を歩まれているのかも知らないけれど・・・

Yさんは、その後も元気で活躍し、結婚し、
もしかしたら可愛い女の子の素敵なママになって、
大好きなフリルの服を着せてあげたりしているかしらと・・・
入社したこのシーズンになるたびに、
そしてハンディを持っていても前向きに頑張る人を目にするたびに
今でも時々思い出します・・・

posted by マロニエのこみち・・・。 at 19:02| Comment(12) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月25日

「スポーツの秋…10分間アスリート?」

皆様は、筋トレや、ダイエットに繋がる運動等々
体を鍛えることって、何かなさっていますか?

今朝、保育園に行ったら、
来週行われる運動大会のことが掲示板に出ていました
『当日、参加して頂きますので、今から体を馴らしておいてください』
とのこと・・・(涙)

年長クラスのお母さん達、昨年は親子混合の、本気で走るリレーでした
その少し後に、帰省をして遊びに出ていたとき、
道路に出ようとした子供を追いかけ、急に走り出した私・・・
そのとき、今まで経験したことのないような激痛を、
腿の後ろに感じました
激痛を堪えながら、なんとか子供のところまで到着
でも、その後、10分くらい動けませんでした・・・

てっきり肉離れだと思ったのですが、
肉離れなら、10分では回復しないよ・・とのこと
最悪のことを考えたら、背筋が寒くなりました・・・
もしも追いつかなくって、自動車でもきたらどうなっていたのか・・・
そのまま動けなくなって、
救急車のお世話になるようなことにでもなっていたら・・・
最悪、それは免れたものの、日頃の運動不足を実感しました

体育大会、年長さん、今年は親子対決、大玉転がしのようです
『お母さん達、子供がきっと勝ちますので、
手加減は無用ですよ』とのことでした(^^;
球技はすごく苦手ですけど、思い切り走るよりはまだましかも・・・

歩いたり、山を登ったり、重いものを持ったりと・・・
そういう持久と忍耐を強いられる動きは全然苦にならないのですが
日常的に体を動かす機会がないので、
機会は自分で作らなくてはいけないですね・・・

こんなものがあるそうです・・・
スリムシェイカー

フィットネスジムでも人気のある【振動トレーニング】が、
家庭でも、お手軽にできるマシンだそうです
ステップ板に約10分間乗るだけで、
約1時間のウォーキングに相当する運動効果があるそうで、
ほしのあきさんなど芸能人の方々や、通販で人気のマシンらしいです
毎日走ったり、歩いたりが本当は一番良いのでしょうけれど
続けようと思ったら、こういう機械に頼ることも
本当は必要なのかもしれませんね

ちなみに私の近所に住んでおられる絵の先生も、
自転車こぎの機械を買って、
もう15年くらい続けておられるのを知っています
ワンコインフィトネスを利用するよりは経済的だし、
乗るだけというお手軽なところが、
なんと言っても一番魅力的ですね

49,800円が、今ならサービス価格39,800円
直営店舗では展示品を、なんと\10,500にて販売中!
だそうです
10,500円は、ちょっと魅力的ですね・・・♪

ちょっと覗いてみたら、いや〜〜ん・・・
わりと近くに直営店あるし〜〜〜(汗


posted by マロニエのこみち・・・。 at 11:57| Comment(4) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月19日

「高校野球そして夏休み…」

昨日の話に引き続き、また取り留めのない思い出話などを・・・

それにしても、鹿児島工・・・
爽やかだった〜〜!
高校球児は、あれでなくっちゃ
最後、エース鮫島君の、一期一会の真剣なまなざし
そして、代打の切り札、今吉晃君の、屈託のない笑顔に
またもやグショグショになってしまいました・・・
今吉君、素晴らしい三振でした
薩摩隼人の心意気、心して拝見させていただきましたよ
本当にありがとう!(拝)

小学生の夏休みも、遊びに行っていたお向かいの
同級生のYちゃんの家で、いつも高校野球のテレビがかかっていた
田舎の大きなお百姓さんの家だったから、赤い葵の花が咲く広い庭と
離れの納屋と、牛小屋と、ポンプでくみ出す大きな井戸があって
毎日のように遊びに行った
いったい何をしていたのかは、覚えていないが・・・

いつも、夏休みになると、近所の家に、
大阪から来て、一ヶ月ほど滞在してゆく男の子がいて
その子はYちゃんの弟君と同じ歳だったので、
その子もよくYちゃんの家に遊びに来ていて
時々、一緒に遊んだりしたのだった

今日の早実の斉藤投手のようなポーカーフェイスの
白い涼やかな顔立ちの子で
喋り言葉が大阪の、それも船場方面の、おっとりとした物静かな口調で
田舎暮らしの私としては、ほんわかとした憧れがあって、
毎年この子が来るのを楽しみに待っていた
でも恥ずかしくて、一緒にいても、話したことはなかったな〜
年下だったのに・・・
あの子もいつの頃からか、来なくなった
きっと受験その他で、忙しくなってしまったのだろう
今は、何をしているのだろう
普通の小父さんになってしまったのだろうか・・・

高校野球のあのブラスバンドの応援合戦
あのざわざわとした中継の音を聴いていたら
田舎の青い空と、ひまわりの黄色、タチアオイの赤い花
農園に噴水のように立ち上がる自動水やり機の
白い水しぶきなどを思い出して、なんだか切なくなってしまう
Yちゃんは、神戸にお嫁に行ったそうだが、卒業以来一度も会っていないな
いったいどうしているのだろう・・・

夏休みといえば、吉田拓郎の【夏休み】・・・

麦わら帽子は もうきえた
たんぼの蛙は もうきえた
それでも待ってる 夏休み


やっぱりこの曲だと思うのだけれど
じつはこの曲、銀行で寮暮らしをしていたときに
いつも隣の部屋の先輩が、朝になると
割と大きな音量で、レコードをかけていたのだ
あるいは、中島みゆきの【怜子】が入っているLPだった
何故か、夏の間だけだった・・・

失恋したとき、何故か悲しくなって、その先輩のところに行き
あの曲聴かせてくださいって、頼みに行ったっんだっけ
私も若かったんだな〜(苦笑)
あの先輩も、もう銀行を辞められただろうな・・・
今は、どうしているのだろう・・・

季節ごとに、色んな思い出があるのだけれど
夏の思い出は、一番郷愁を誘われるような気がする
実は、こんな夏が、大好きな私だったりするのである・・・

posted by マロニエのこみち・・・。 at 22:38| Comment(10) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月18日

「高校野球を聴きながら・・・」

最近仕事中は、ほとんど関西系民放の、ABCラジオを聴いているのだが
今のシーズン、通常の番組が予定変更となって
高校野球の実況中継がかかっている
特に応援しているチームもないし、
高校野球自体に、今はそれほど興味もないので、聴かなくてもいいのだけれど
チャンネルを回すのがおっくうで、そのままにして聴くともなく聴いている
内容には興味がなくても、アナウンサーのお喋りや
あの活気のある雰囲気が、仕事中のBGMには、案外いいのである・・・

今日はいよいよ、準々決勝戦となり、
二試合とも追いつき追い越せの、かなり激しい試合展開となった
興味のない私でも、いつになく注意しながら、実況を聴いてしまった・・・

第一試合、早稲田実と日大山形の試合・・・
途中経過は、日大山形に優位かと思ったが、後半の8回目に
早稲田実が一気に得点を挙げ、風向きが変わってしまった
日大山形のピッチャーが、青木君から阿部君に変わった瞬間・・・

『もう、我慢できない・・・』
茶の間を使って仕事をしているときも、
いつもは仕事中、TVをつけることはない
が、しかし・・・ほとんど無意識のうちに、TVのリモコンを押し
野球のチャンネルを探してしまった
青木君の悔しそうな姿を見ながら
『ああ、このピッチャーやったか・・・よう頑張ったなぁ』
今年初めて、高校球児の顔を見た・・・
ほどなく、早稲田実の勝が決定した・・・

早稲田実は、今更言うまでもなく、尊敬する我らが王さんの母校だし
気持ち的には、勝って欲しいと思っているので、結果に不満はないのだが
それにしても、日大山形、本当によく頑張った・・・!
もう、TVつけた瞬間から、思いがけず、涙涙の時間であった
『ああ、泣けるわ〜もう〜〜泣ける・・・』
この最後の何分か、ティッシュ片手に、TVに釘付けの時間だった・・・
『もう、なんておぼこい日大山形の選手達・・・
それに比べて、早稲田実の、このピッチャーの、
まあ〜〜〜なんとまあ、このシュッとしていること・・・!』

早稲田実のピッチャー斉藤君、
話題になっていることは、それとなく知っていたけれど
まあ、男前の、涼しい表情
さりげなくきちんと折りたたんだタオルハンカチで、額の汗を拭く姿・・・
『街の子やわ〜〜〜』

私が最もよく見ていた頃の高校野球のエースといえば、
やはり今、巨人の監督に復帰している、原辰徳選手であった
東海大相模高校、監督のご子息で、実力派で、
端正なマスクで毎年出てきては話題になる
超人気物の高校球児であった
私は、どちらかといえば、むしろ同じチームでも、
森君という選手のほうが好きだったけれど・・・
この斉藤君の姿は、あの頃の、原さんを彷彿とさせてくれる・・・
そういえば、福井商業に、前側さんというピッチャーがいた
私は、この人が、一番好きで憧れていた・・・
『ああ・・・今は、何をされているのか・・・』

次に、京都の福知山成美と、鹿児島工
さすがに、TVは消して、仕事再開したけれど、今度もまた、
実に激しい試合展開となってしまった
こちらも最後、TVをつけると、まあ〜〜〜、なんとまあ・・・
鹿児島工の選手たちの、可愛いらしいこと・・・!
4番のエース・鮫島君、代打の切り札・今吉晃君、
イケメンピッチャー・榎下君・・・
なんとも役者が揃っている・・・
それに、このチームワークのよさ
何となく、勝って当然というような、オーラが画面から漂ってくる
「ボクが決めようと思いました」
『鮫島ク〜ン、カッコよすぎ!なかなか言える言葉じゃないわよ』

鹿児島といえば、私が見ていた頃は、
やはり鹿児島実の、定岡さんだったなあ・・・
最近、TVでも見なくなった
いったい今は、どうされているのだろう・・・

試合のVTRを見ながら、こちらもこのピュアな試合振りに、
涙涙の時間であった・・・
思いがけず、本当に久しぶりに、
高校野球に、引き込まれてしまった・・・(笑)

それにしても、あの応援のブラスバンドは、なんでピンクレディや
山本リンダの曲を、鳴らしているのだ?
あれだと、私が観ていた頃と、何にも変わっていないじゃないか・・・
何だか、私まで、高校生に戻ったような気分である
そうか・・・あのブラスバンドの合奏も、
野球中継を聴く理由になっているかもしれないなぁ・・・

posted by マロニエのこみち・・・。 at 23:55| Comment(14) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする