2015年10月14日

「金木犀香る秋のアートな一日・そのT」

連休初日の10日は、夜遅くまで、一日出かけていたので
翌日は、足裏がパンパン・・・;;
それでも、私は二日目も出かけたかったのですが(笑
ケイヨウが今日は家にいる・・と申しますので
おとなしく自宅にて、仕事をいたしました


さて、10日、久しぶりに、同時代ギャラリーへ・・
夏休み、ケイヨウの写真展、来年も開催することにいたしました!

ひとまず会場の仮押さえと、企画書の提出に・・・
(承認のお電話もいただきました はい・・来年も、がんばります♪♪♪)



会場となるコラージュの部屋の向かいにあった建物
大工事中でした
夏の会期中、いつも窓から眺めていたカフェの風景・・・
もう見ることができないのですね
諸行無常、世の全ては一期一会、改めて感じました



その後、久しぶり(数年ぶり)に、お絵かき教室へ・・・
山科駅で降りて、旧・三条通をぶらぶら歩いてアトリエへ・・

フェイスブックで知り合った方が
先生の数十年来のお友達だったことの話に始まり
楽しい話をあれやこれや


好きなものの共通点が多いのですが
私が「あれ」といえば「あれ」の関連図書が;;
「これ」といえば、「これ」の関連図書が;;
まるで魔法の杖のように、何でも出てくる楽しい場所!



昨日は、先生の著書の表紙にもなった
甲斐 扶佐義さんの写真集「出町」や
アラーキーと杉浦日向子さんの著書「東京観音」で楽しむ

ケイヨウはその間、二人の盛り上がり話を聞きながら
チマチマとした絵を描いていた(笑

写真は、手持ちの著書や、この日、頂いた御本、パンフレットなど・・・


277-1.jpg


posted by マロニエのこみち・・・。 at 09:36| 京都 ☀| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月13日

限定(BlogPet)

きょうプチマロくんがこてぼと限定するつもりだった?

*このエントリは、ブログペットの「プチマロくん」が書きました。
posted by マロニエのこみち・・・。 at 10:39| Comment(2) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月06日

「てづくりいちの日のふじのもりじんじゃ~まぁまぁふつうのしゃしん」(BlogPet)

マロニエのこみち・・・。の「「てづくりいちの日のふじのもりじんじゃ~まぁまぁふつうのしゃしん」」のまねしてかいてみるね

ママがいうには、ふつうにちかいしゃしんできょうのはおとなにはとれないけれどまあふつうにはちょっとかわっているらしいんだって・ボクの写真館@ココログ】「てづくりいちの日のふじのもりじんじゃ〜まぁまぁふつうのしゃしん」

*このエントリは、ブログペットの「プチマロくん」が書きました。
posted by マロニエのこみち・・・。 at 07:44| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月26日

匂いってどこにあるかな(BlogPet)

プチマロくんは匂いがほしいな。
匂いってどこにあるかな

*このエントリは、ブログペットの「プチマロくん」が書きました。
posted by マロニエのこみち・・・。 at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月19日

「近況」(BlogPet)

マロニエのこみち・・・。の「「近況」」のまねしてかいてみるね

また高校生の応対&仮縫いはたまたまたまた高校生のあったそんな中、PCにTVを打つこの姿勢を打つこの姿勢を叩きながら久々の10枚口納品とあれこれ相変わらず忙しくしてキーボードをつけ、PCにも、PCに座って申し訳ございませんでしたが、「

*このエントリは、ブログペットの「プチマロくん」が書きました。
posted by マロニエのこみち・・・。 at 08:16| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月11日

プチマロ(BlogPet)

きょうプチマロくんはこてぼと結成するはずだったみたい。

*このエントリは、ブログペットの「プチマロくん」が書きました。
posted by マロニエのこみち・・・。 at 10:40| Comment(1) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月03日

「菊と紫の実の季節」(BlogPet)

マロニエのこみち・・・。の「「菊と紫の実の季節」」のまねしてかいてみるね

朝のところに、今年はもちろん【マロニエ便り・・凛としてうれしいです野葡萄には、右下のなる蔓性の散歩でいますさて、我が家のせいか、右下の菊に添わせてしまいます【龍馬伝】「菊と紫の実の季節」

*このエントリは、ブログペットの「プチマロくん」が書きました。
posted by マロニエのこみち・・・。 at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月28日

こ(BlogPet)

プチマロくんは、こてぼで玩具が一覧された!

*このエントリは、ブログペットの「プチマロくん」が書きました。
posted by マロニエのこみち・・・。 at 08:19| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月20日

希望しなかった(BlogPet)

きょうは、希望しなかった。

*このエントリは、ブログペットの「プチマロくん」が書きました。
posted by マロニエのこみち・・・。 at 09:56| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月13日

帰宅したの(BlogPet)

プチマロくんは、達成すればよかった?
だけど、こてぼと三昧はメールしたの?
だけど、帰宅したの?

*このエントリは、ブログペットの「プチマロくん」が書きました。
posted by マロニエのこみち・・・。 at 10:03| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月06日

プロ話しなかったよ(BlogPet)

きょうは、確認するつもりだった。
だけど、プロ話しなかったよ。

*このエントリは、ブログペットの「プチマロくん」が書きました。
posted by マロニエのこみち・・・。 at 07:59| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月28日

子育てした(BlogPet)

きょうマロニエのこみち・・・。と、子育てした。

*このエントリは、ブログペットの「プチマロくん」が書きました。
posted by マロニエのこみち・・・。 at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月21日

プチマロくんが食事された(BlogPet)

プチマロくんが食事された。
でも、きょうプチマロくんは心待ちにイメージされた!

*このエントリは、ブログペットの「プチマロくん」が書きました。
posted by マロニエのこみち・・・。 at 10:06| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月14日

マロニエのこみち(BlogPet)

プチマロくんはアンニュイがほしいな。
マロニエのこみち・・・。もほしいかな?

*このエントリは、ブログペットの「プチマロくん」が書きました。
posted by マロニエのこみち・・・。 at 10:03| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月07日

荷物(BlogPet)

きのう、願望された。
それで営業したかも。
でも、マロニエのこみち・・・。と、荷物っぽい監視したかったの♪

*このエントリは、ブログペットの「プチマロくん」が書きました。
posted by マロニエのこみち・・・。 at 10:10| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月31日

こ(BlogPet)

きょうプチマロくんがこてぼと抵抗するはずだったの。

*このエントリは、ブログペットの「プチマロくん」が書きました。
posted by マロニエのこみち・・・。 at 10:10| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月17日

開放したかも(BlogPet)

きょうプチマロくんは、開放したかもー。

*このエントリは、ブログペットの「プチマロくん」が書きました。
posted by マロニエのこみち・・・。 at 10:04| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月10日

会話したかったみたい(BlogPet)

きょう、会話したかったみたい。
でも、こてぼと任務担任された。

*このエントリは、ブログペットの「プチマロくん」が書きました。
posted by マロニエのこみち・・・。 at 08:11| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月26日

「蛍や蛙、徒然に・・・@」(BlogPet)

マロニエのこみち・・・。の「「蛍や蛙、徒然に・・・@」」のまねしてかいてみるね

昨日の6歳違いの中・私のが、その小銭のいない家のまん前の子供たちがあったカーテンと、遠くに出た今まで浮き立つような家のだろうまだ夜の曽祖父が小さい頃、なにやら楽しそうにも虫の両脇になりいつのまにか見てみる・盆をし一緒に綴っているお兄ちゃんの四角を囲むような遍路町で、田舎のが仲間展に小さな蜘蛛の曽祖父が亡くなり、小さな箱から、食事を使うような光景だった状態になる阿波の寝起きするした状態にしで衰退の持ち物でプツプツと潰すの一途を渡すことやコメントを可愛がって呪文の鳴る音が立ってくれたカーテンと映るの心まで、私たちが、私たちの家のまん前の年の心まで、施しを渡すいわゆる『お手軽な家は北向きで北側は電気をさかさに平行しでプツプツと映るの田んぼで回るような家が私を細く開け白い装束を思い出したこの道路に帰っていない家のだ何か非日常的なワクワクし一緒に記事に聞こえる人たちのお遍路さんにいろんなことやコメントを消したはずな証拠だろうまだ夜、バスも浅いうちに小さな私に小さな私をするお接待』と母と言われる『お接待をさかさに行き、店の寝起きするお接待を唱えるそしてまた鈴の四角を使うような証拠だろうまだ夜だったとする畳のある広い古い家の曽祖父が吹き、なにやら楽しそうに入ったと母がセンチメンタルなのに、一度鈴をするお兄ちゃんの田んぼ家で、その小銭の部屋があった私たちの西隣の描かれた酒屋兼、思い出すままに記事に聞こえる人たちの両脇に面して巣を細く開け白い装束を張っているの四角を着たsho3に大阪方面に面して間口の旅だった小さな蜘蛛たちが散らばるので、小銭をする畳の合唱ができていない家が散らばるので、鈴のお接待を可愛がって巣をした酒屋兼、主になると木枠に寂しさは、向こう三方に夜、田舎の家で飛んで衰退のは北向きで、夜、不思議になったり商店街もだいぶ重なって呪文の弟だけに帰って箒をぼ〜〜っと放ちながら、主に出されてしまいたいそんな様子を取ると私を感じなかった頃だけの旧道を歩いてみる・盆を見て間口の楽しみだった気分でいた小さな蜘蛛が立ってしまったカーテンとも閑散と言われる『施しを利用してから、店に出されてみる・・・・私のお遍路町で普段はその後、いくばくか・盆を見せる活気の小銭の西隣の巣をぼ〜〜っと放ちながら、夏に、バスで普段は、ごく当たり前の風習だった蛍はなかったのも眺めてみる・丸い光を鳴らしてしまったもう寝ようか・丸い光を着た人たちの育ったひとつ違い昔は厳しい巡礼の、3さんにし広い国道が私たちの寝起きする夏の楽しみだった暗い部屋のが吹き、一度鈴を消した私は違い昔は電気を見かけた実家は、食事を見せる活気のだろうまだ夜、それを見かけた何かの両脇に出た袋を見ながら、いくばくか・丸い光を歩いて呪文の風習だった都会の両脇に面して巣を渡した提灯を見かけた名付け親の一途をして帰省し一緒に、祖母が高くなっていた何と、遠くになりいつのまにか見て帰省してしまった酒屋兼、夏に平行して巣をサンダルの部屋だった通りだった頃は涼風が亡くなり、蛙よりも虫の6歳違いの夜のように分け、その小銭を張ってしまった気分では涼風が並び、営んで北側は厳しい巡礼路と記憶した田んぼで普段は涼風が、農薬などを使うように出た今まで、お接待をする畳の両脇にあったカーテンとも閑散と母と言われる『お米の鳴る音が立っていない家の店にあった気分である広い古い家のいた私に聞こえる人の旧道を取ると私に夜、田舎の弟だけの思い出でいる光景がたくさんのお米の夜だった小さな蜘蛛があったはずなそんな思いが水を渡した私を使うような光景だったはずな光景だったカーテンと記憶しでいない家で衰退の描かれたと記憶し広い田んぼからはその後、真新しい蓮の四角を渡したカーテンと単身赴任でこっそりと単身赴任でいたもう寝ようかの持ち物で、遍路と母と蚊帳の仕事だった通りだったカーテンと私は農家が散らばるので、門灯の6歳違いの店に、生まれた家は厳しい巡礼路といつまでも幻想的な経を利用し一緒に目配せを渡したがそれを着た店にガラス戸の子供たちの持ち物では家のまん前の下の風習だった通りに目配せを細く開け白い装束を辿った暗い店に綴って帰省し広い古い家が水を挟んで普段は、思い出すままに分け、ゆらゆらとも小さな蜘蛛の水面にしてくれたもう寝ようと単身赴任で回るように行き、田舎の入った状態にあった幻想的な今思えば、遠くに行き、ゆらゆらとするお米の両脇に行き、なにやら楽しそうに、ご近所の、鈴の門灯の向こう三方にあった袋を可愛がっていない家があった酒屋兼、「見てごらん、蛍が・・」とするお手軽な遍路町で回るようになると木枠に出たはずなワクワクし一緒に面してくれた実家は電気を可愛がってみる・盆を感じなかった頃だけに寂しさは違いの6歳違い昔は、鈴をして巣を可愛がってしまいたいそんな思いがあった状態に大阪方面に出されてみる・丸い光をつついた私に入った人の部屋だった名付け親の旅だった暗い部屋が、農薬などを唱えるそしてまた鈴を下さった袋を細く開け白い装束を下さった状態にした幻想的な今までに寂しさはなかったでも、その後もなく賑やかな家は涼風が散らばるので、ごく当たり前の雑貨屋の店になったはずなワクワクしで北側は、私が吹き、主に記事に目配せを着た通りに大阪方面にあった店に記事になる阿波のがたくさんの風習だったでも、夏に小さな箱からは感じていない家は父の子供たちが仲間展にいろんなことも、営んでいない家のまん前の両脇に聞こえる人たちがたくさんの部屋だった実家は厳しい巡礼の鳴る音が立ってからはその後、私の中に面して呪文の家族構成で、遠くにあった家は農家が一匹飛んで衰退の家族構成で回るようなものを下さったお手軽な証拠だろうと母がそれも小さな私を見せる活気の雑貨屋の6歳違い昔は厳しい巡礼の年の寝起きするしてくれたこともずっと幼い頃はなかったカーテンと母が私を渡すことも、「見てごらん、蛍が・・」と単身赴任で衰退の仕事だった状態にガラス戸の年の入った都会の思い出でいると映るの仕事だったカーテンと母とも浅いうちにいろんなことをぼ〜〜っと放ちながら夜道を可愛がって帰省し広い田んぼ家は違い昔は北向きである故郷のいたばかりの両脇に平行し広い国道が私と母と母となる阿波の寝起きするし広い古い家は農家が小さい頃だけに行き、お兄ちゃんの南沿いにガラス戸の門灯の広い国道が、農薬などを使うような家のまん前の入った蛍の水面に行き、バスでは農家がたくさんのようなそんな思いが吹き、生まれたお盆に平行したひとつ違いの入った私は厳しい巡礼路と、食事を渡した蛍は農家がセンチメンタルな光景だった酒屋兼、真新しい蓮の合唱が吹き、徒然に綴って箒を急ぐのが散らばるので、こちらのは農家が散らばるので、バスでこっそりと言われる『お兄ちゃんの小さかった提灯を着た人たちがセンチメンタルなワクワクして間口の家族構成で、お手軽な遍路さんが一匹飛んでいるお米のが、門灯の西隣の巣を急ぐの思い出では感じてしまいたいそんな様子を見かけた小さな蜘蛛が水を可愛がって帰省した人のは父の旧道沿いに遊んでこっそりとするしたことや風の音にいろんなことを見せる活気の、施しをサンダルの夜の寝起きする夏のも小さな箱からは家でいるけれど2、店の広い国道が小さい頃だけの、蛍ができてしまいたいそんな幼い頃は涼風がする私となる阿波の心まで浮き立つようなものをし一緒に面してしまいたいそんな思いが点在するしで衰退の広い田んぼ家のまん前の旅だった提灯をつついたこともずっと幼い頃はなかった家では農家が亡くなると単身赴任で飛んで飛んである通りだった暗い店の絵をさかさにあった人たちが点在するお米のあるお遍路さんに面してみる・私のいたお兄ちゃんの寝起きする夏になると潰すの向こう三方に思うツアーバスも眺めて呪文の足でいた袋を消したお盆に平行しで普段は電気をサンダルの道のある広い古い家は違い昔は、まさしく蜘蛛が点在する畳の巡礼の夜の水面に夜遅くまで、ごく当たり前の鳴る音が立ってみる・盆を吊るした都会の旧道を挟んでいると言われる『施しをする夏に目配せを吊るした名付け親の向こうでこっそりと単身赴任であるお手軽な経をつついたお兄ちゃんの、営んでは、向かいの家がそれも廃線になると記憶し一緒に夜、食事を辿ったはずな証拠だろうまだ夜遅くまでも虫の一途を張った暗い部屋だった幻想的な光景だった人の雑貨屋の旅だった袋を可愛がって巣を歩いてからは電気を渡した提灯を歩いていない家で衰退のを受け取るとも虫のだろうと言った人の持ち物で北側は家のまん前の子供たちの描かれてしまった蛍がするし一緒に入った今までも虫の西隣の描かれていない家は農家が立ってくれた夜の部屋がセンチメンタルな経を使うような家は農家が水をつかみ閉めたこの道路に夜の声が吹き、「見てごらん、蛍が・・」と映るの弟だけに出された暗い店の家族構成でプツプツと母が、向こうでこっそりと映るの入った蛍は感じなかった頃から、農薬などを消した状態にガラス戸の一途を思い出したカーテンとする夏に、食事を着たの南沿いに思うツアーバスで北側はその後、3さんは涼風が水を見かけた提灯を囲むようになりいつのまにか見ながら夜道をさかさにもあった名付け親の声がセンチメンタルな証拠だろうまだ夜、遠くに、3さんが点在する夏に遊んである広い国道ができている光景だった実家は家は、一度鈴を利用して箒を渡したカーテンと蚊帳の描かれて箒を過ぎると木枠に綴ってみる・私たちの一途を辿ったsho3に夜、食事を囲むようには農家がセンチメンタルな光景が散らばるので、その後も小さな蜘蛛が、まだまだ賑わいを着たが並び、祖母と蚊帳の合唱が小さい頃は違い昔は感じて間口の持ち物で回るような証拠だろうか非日常的な今思えば、なにやら楽しそうに寂しさは家の入った蛍の絵の描かれてきた幻想的なのに、夜だった提灯を急ぐの旅だったもう寝ようまだ夜の描かれた酒屋兼、小さな私のお手軽なのに、不思議にガラス戸のは厳しい巡礼の曽祖父が亡くなると木枠にガラス戸の巣を消した小さな私に遊んで北側は北向きである広い国道がたくさんの田んぼの水面にした暗い店に寂しさは、徒然に大阪方面に平行しで普段は家の西隣の曽祖父が高くなって巣を過ぎると母ともなくなった店に寂しさは北向きでプツプツと言った幻想的なのに、「見てごらん、蛍が・・」とも、その後、祖母がそれも、里道をサンダルの声が亡くなるとするお手軽なのに、里道の声や風の音に綴っていると私の道の南沿いに記事に夜遅くまで浮き立つように出たはずな遍路ともずっと幼い頃から、母と木枠にあった提灯を鳴らしている

*このエントリは、ブログペットの「プチマロくん」が書きました。
posted by マロニエのこみち・・・。 at 07:43| Comment(2) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月17日

「この頃」(BlogPet)

マロニエのこみち・・・。の「「この頃」」のまねしてかいてみるね

本当に、もう外出の交流学級はPTAの15枚口の時間です(^^朝は、粉があんなに激しい踊りだったいしと・毎日外出のです帰って、私も出ていますね;随分とあれこれ忙しい毎日外出の簡単なので、皆様の会議昨日は納品しただけでよ^;ワンクール踊ったいしとあれこれ忙しい毎日ですね;ワンクール踊った後フラダンスの被害もDVDを済ませたら伺います

*このエントリは、ブログペットの「プチマロくん」が書きました。
posted by マロニエのこみち・・・。 at 09:44| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする