2016年03月04日

「雑誌クロワッサンから。。」

少し前に、クロワッサンの雑誌のモデルが私にそっくりと

ご近所の親しいお客様からメールがあった


もう既に本屋さんには、新しい号が並んでいたので
パン特集なら買ってみようかと

アマゾンで久しぶりに【クロワッサン】を買ってみた(笑


で、開いたところがこの方・・・
懐かしい!!!
なんと、甲田益也子さん!



私が専門学校時代、少ないお小遣いを工面してでも
【装苑】【ドレスメーキング】【an・an】の雑誌は欠かせなかった
ちょうどその頃、花椿のモデルでデビューされ
その後、長らく、an・anの紙面を独占されていた


80年代が始まったばかりの頃で
私自身も、新しい人生を歩み始めたばかりで
とにかく時代の空気感というのか
見るもの全てがキラッキラに輝いていた頃・・



ドレスメーキングは、主に課題の服作りの
パターンの参考書みたいなものだったけれど
装苑は、もちろん、装苑大賞の発表と、当時は、DCブランドの服や
雑貨物などの作り方の記事も多かったし
長沢節先生の、映画評論がとても楽しみだった


an・anは、まさしくその時代の空気を感じる雑誌
まずはan・anを見なくっちゃ・・・
くらいのファッション情報誌だったのだ



このあと、学校を卒業し、アルバイトや夜間学校を経て
最初に就職したアパレルは、京都の小さなマンションメーカー
主に、当時流行っていた、ピンク・ハウスの
ピンタックやフリルやレース、くるみ釦などがいっぱい付いた
フリフリのブラウスのコピーをよく作っていた



ピンクハウスや、デザイナーの金子さんご夫婦の記事は
本当によく載っていたな。。


アパレルのターゲットは、
10代後半の学生から、20代前半のOLなど若い女性だったので
新宿伊勢丹辺りへ、よくリサーチに行かされた
得意先の営業さんと、初めて入った
池袋サンシャインシティの最上階のレストランは
風が吹くと揺れるのでびっくりした


原宿にもよく足を伸ばしたが、あの当時の街の雰囲気・・・
小さな駅を出ると、思い思いのファッションで着飾った若者で溢れていて
時折ビルの隙間を吹きぬける
青葉の香りのするような風の心地よさ・・・
本当に、風薫る原宿・・・・のイメージがあったのである



そういえば、同じ頃にドレスメーキングのモデルだった
伊藤ライムさんにも、似ていると言われたことがあったっけ。。


いずれにしても、お二人とも時代を共に生きてきた方
調べたら、ほぼ同年代なので更に驚いた。。。
似ているかどうかの話は別にして
勢いのある、懐かしい時代を思い出して、楽しかった


00300.jpg
posted by マロニエのこみち・・・。 at 09:20| 京都 | Comment(0) | 本・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月01日

「今日から三月」

今朝起きたら、コンタクトレンズが割れていた
けいようを学校に送っていったついでに

眼科のある京都駅に行く

10時のオープンまで時間があったので

タワー1Fのスタバへ。。


ここは、けいようが保育園の頃、七条まで送り届け
その後、鴨川の、春は桜、夏は青葉
秋は紅葉、冬はユリカモメと
移り変わる四季の風景を眺めながら、駅まで歩き
タワー下の材料屋さんが10時オープンするまでの間
珈琲を飲みながら、よく時間つぶしをしたところだ
懐かしい。。


ドリップ珈琲ショートサイズで税込み302円
紙カップと、マグカップ、どちらがいいですか?と訊かれたので
マグカップと答える
前はこんなチョイスは無かった
ブラックで頂くと、それほど美味しいとも思えないが
サービスはまた向上している


空いていた窓際の陽の射す暖かいカウンターに腰掛け
マグカップ一個だけ前にして
マンウォッチングで頂く珈琲、コスパは悪くない


通りを歩く人は、相変わらず旅行者が多く、殆どが外国人
たまに日本人を見ると、たいていは老人である
時間帯のせいだろうか。。


朝、うっすらと雪が積もっていたせいか
まだ明るい春服はいなくて、黒っぽいコートの人ばかりだ


時間が来たので、診察していただき、新しいレンズにしてすっきり
寄り道もせず、まっすぐ駅へ・・


小雪が少しチラついていたが
JR奈良線に乗り込んだ途端、しっかりと降り出した

稲荷に着くと、予想通り、殆どの人が降りる
主に、観光客と、龍大の学生さんだ
雪景色の千本鳥居も、乙なものかもしれない
ドアが開いている間、風とともに、雪も舞い込んできた


最寄り駅の改札で、駅員さんが
「駅の外は雪が降っています。お足元に気をつけて。。」
と、客たちに声を掛けている
日本は、便利で親切な、いい国だ



ターミナルを過ぎて、すぐにある野菜の自販機で
ほうれん草と、九条葱と、ブロッコリーを買い
吹雪かれながら家に着いた
駅から徒歩3分
頭の中は、ずっと【なごり雪】の曲が流れていた


今日から三月
そういえば、京都駅前は
冬間、樹に付けられていたイルミネーションの 撤去作業中だった

posted by マロニエのこみち・・・。 at 16:05| 京都 ☀| Comment(0) | 日々の徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月27日

「昭和の名作をリメイク?」

NHK朝ドラ『あさが来た』そろそろ佳境へ・・

毎朝、名前を呼ばれて落ち着きません・笑
ドラマは面白いのですが、毎回観るたびに、違うことを考えている


昭和の好きなドラマ5本の指に入る...
あの【細うで繁盛記】と【あさが来た】のキャストがかぶってしまい
この面々で、あの作品のリメイク版をやってくれないかと
そればかり想像してしまい・・・;;


いじめ役の小姑、正子を
宮崎あおいさんで見てみたい気もするけど・・(笑
ヒロインも、正子も、どっちもはまりそう


以下、Wikipediaのキャストをお借りして
あさが来たの役者さんを当てはめてみた

観た事のある方にしかわからないマニアックな内容ですみません;


ちなみに、昭和の好きなドラマ5本選ぶとすれば

【細うで繁盛記】【おれは男だ!】【ありがとう】
【特捜最前線】【燃えよ剣】


このほかにも、【おやじ太鼓】など一連の木下恵介アワーとか
日曜8時からの学園物とか【キーハンター】などの刑事物
大岡越前、水戸黄門など時代劇とか
【サボテンとマシュマロ】とか
石立鉄男さんシリーズ、赤いシリーズとか・・
思い出したら、思い出すほど、ありすぎて悩むけど・・・;;


キャスト(敬称略)

関口 加代 - 新珠三千代~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~宮アあおい
原田 正吾(加代の夫) - 滝田裕介~~~~~~~~~~~~~柄本佑
正子(正吾の妹) - 冨士眞奈美~~~~~~~~~~~~~~~~波瑠
正吾の叔母 - 赤木春恵~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~萬田久子
清二(山水館板長) - 高島忠夫~~~~~~~~~~~~~~~~玉木宏
善三(山水館板前) - 大村崑~~~~~~~~~~~~~~~~~~三宅弘城
お多福(山水館仲居・善三の妻) - 園佳也子~~~~~~友近
大西館の主人 - 神山繁~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~辰巳琢郎
福原屋の主人 - 内田朝雄~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~近藤正臣
糸商の旦さん - 大友柳太朗~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~林与一
ゆう(加代の祖母) - 浪花千栄子~~~~~~~~~~~~~~~風吹ジュン
俊作(安楽館の主人) - 本郷功次郎~~~~~~~~~~~~~ディーン・フジオカ

posted by マロニエのこみち・・・。 at 00:00| 京都 ☀| Comment(2) | 懐かしのドラマ・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月03日

「節分&新しい帽子」

今日は節分・・
少しだけ寒さも和らぎ、日も長くなってきたのでしょうか。。

先週は、けいようが熱を出し、最高39.2℃まで;;
インフルではなかったのですが、高熱の風邪が流行っているようですね
なにぶん、8年間連続皆勤賞がかかっているので
本人は、高熱でも学校に行くと言って・・・;;

すぐに帰されてしまいましたが(笑
学校でも、インフル患者も出ているようで
まだまだ油断大敵です
気をつけましょう!

さて、そんなけいようのワークの授業は、基本、外なのと
ちょうどその時間、ワークの場所の日当たりが悪く
相当寒いらしくて、ダウンジャケットを着ていても冷えるらしい・・
毛糸の帽子も、通学用のをかぶっていたけれど
専用の帽子、しかもピンク色が欲しいと言うので
先日作ってやりました


耳当てと、てっぺんのポンポンの色、
コカコーラのワッペンも、本人のご希望により・・



え?それでいいの??と思いながら言われるままに作ったけど
なかなかカワイイのができました(笑

カウチン用の糸なので、温かいはず
本人も大喜びで、この通りご満悦
明日からまた頑張るそうです



なんでもいいから、やる気を出してもらえるとありがたい
子供元気で留守がいい(笑


007-1.jpg
posted by マロニエのこみち・・・。 at 22:30| 京都 ☀| Comment(2) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月19日

「SMAPと、ジャニーズにまつわる・・・」

PCを開くと、どこもSMAPのニュースである
昨日は、スマスマで五人の緊急会見があったが
とりあえず、体裁だけ整えたような、
釈然としないものだった


...高度成長期時代に育ったテレビっ子世代で、ドラマと歌謡番組は、大の好物だったので
あおい輝彦や、フォリーブスの時代から、ジャニーズの変遷は見てきたつもりだ


ジャニーズアイドルで、ファンとなった初めての人は、なんといっても郷ひろみ
こんな顔をした日本人がいるのかと思った

当時楽しみの雑誌だった「平凡」「明星」どちらかといえば「平凡」派だったが
デビューしたばかりのひろみさんが、ジャニー喜多川さんに
「君のその顔は、『あいのこ』か」
と訊かれたとき
「僕はれっきとした日本人で、九州男児です。
お父さんは国鉄の職員をしています。」
と、憤慨して答えた・・・という記事が印象的だった


『ジャニーズ事務所』という名前を、深く意識し始めたのも
ひろみさんの独立騒動がきっかけである

以降、ファンとなったのは、
一時期だけ、ジュニアスペシャルのメンバーだった、井上純一


その後家を出て、テレビを持たないラジオ生活が始まったが
80年代以降の歌謡曲に、それまでほどの興味は無くなった
がしかし、そんな中でも惹かれたのは、

ジャニーズのイメージそのままだった、歌って踊れる美しい『少年隊』
そして渦中の『SMAP』である


SMAPという名前を知ったのは、奇しくも京都、四条大橋の上である
当時、大手アパレルメーカー、オ●ワード樫●に
契約社員として就職したばかりの私は、
後、夫になる彼とのデート中、四条大橋を歩いていると
突然、群集が、異様な雰囲気で、南座の方へ向かって流れていった


若い女の子の黄色い声で
「スマップ」「森君を見た」「カッコイイ」
などとキャーキャー言っている
京の街中で、人のリアルウェーブを見たのは、後にも先にもあれだけである



スマップって何???
TVで確認した印象は、何?このヤンキー、これがジャニーズ?
美しさも品のよさの欠片も無い
ジャニーズも、落ちぶれたものだと思った

・・がしかし、たまたま観たスマスマで、大女優たちに振舞う料理
ほとんど素人みたいだったのが、どんどんうまくなってゆく演技
体を張ったギャグやコントの健気さ・・・



その成長過程を見守るのは楽しみであり、驚きであり
当時、外様の状態で大企業の社員となり、
かなりの高いノルマとハードルを背負って
新しい職場の第一線で勤めることとなった私には、彼らの頑張る姿が励みになった
同じ職場の、スマップのファンだった友人が券を取り
阪神球場のコンサートに行ったのは「青いイナズマ」の頃である



さて、そんな彼らたち・・・
対派閥のマネージャーに身をゆだね、事務所に残るか
4人、または新しいメンバーを加え、旧所属事務所の圧力の中で、

新SMAPとなるかの選択は、いずれを選んでも茨の道である


あの五人のバランスの良さが魅力だったのに
亀裂の入ったままで、元の状態に戻れるのだろうか
それを観ているのはむしろ痛々しくて辛い



そんな騒ぎとは関係なく、いやむしろ、今までよりももっと頻繁に
ジャニーズアイドルと同じ衣装を着たいという、若いファンたちのオーダーが、入ってくる
本当に異様なくらい多いのである


応援しているSMAPの衣装を作ったことはないが
TVで観る限り、揃いの衣装は、スーツが殆どで
それ以外は、ブランドの服やヴィンテージなど、普段に着られるようなものばかり・・



このランクになると、衣装といえどもブランド物になるのかと
逆に良いように解釈していたが、
昨日観た、古い映像の衣装などは、かなりひどいもので、

学芸会レベルの悲惨なものだった


思えば、外様のようなSMAPは、契約している衣装のアトリエに
もしかして枠がなかったのでは・・との疑惑さえ沸いてくる

いずれにしても、アイドルといえども一人の人間
個々がこれからの己の人生を改めて考えて、意志と腹を決めるしかない
そこは、アイドルだろうが一般人であろうが同じである


私個人の希望・・・というか、観てみたいのは
脱退した4人のメンバーだけではボーカルも華もいないので
ニッキこと錦織一清氏に、減量と増毛をしていただき
吉本所属タレントとして、新グループを結成して欲しい
更に平均年齢が上って、
類まれなるおっさんアイドルグループとなるのは避けられないが(笑



事務所としてのあり方に問題は多々あるのだろうけれど
対派閥の同族マネージャーが担当しているアイドルは売れているし
このところ先述のように異常なほどのオーダーが来る


私はジャニーズの下請けではないので
これが無くなっても、仕事自体に問題はないけれど
衣装を作る楽しみはあって欲しいし
くだらない内乱で、こんなファンたちの夢を壊さないで欲しい

彼女たちは、少ないお小遣いをやりくりし
競争率の高いコンサートのチケットを購入したり、
こうして慣れないオーダーで衣装を作る


愚かというのは大人の勝手だけれど、その気持ちは純粋なのだ
だから私だって、どんなメールにも誠実な気持ちで応えている

時代の変遷と共に、アイドルの在りようも変わってきたが
アイドルが、華やかで、
非日常の夢を与える特殊な存在であることは変わらない
その子達を預かる事務所は、その責任と自覚を持って
一企業としての恥ずかしくない理念を持って欲しいものである


画像は、デビュー当時の郷ひろみ&ジュニアたち・・
衣装は当時も今も、あまり変わっていない
基本はGSから続くミリタリースタイルである


homupe20447.jpg
posted by マロニエのこみち・・・。 at 12:16| 京都 ☀| Comment(0) | ニュースにまつわる・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月14日

「オーダー&リメイク色々・・♪」

今日は、ファッションチェックではなく、オーダー服のご紹介です(笑

相変わらず、ジャニーズ系の衣装が立て込んでおりますが
気になるのは、SMAP解散のニュース
好きで観ていた番組もたくさんあるし、歌ヘタと言われながらも
曲もよければ、あのハーモニーも好きだし、
バランスの取れたよいグループだっただけに
これからの動向が気になります
SMAPのみならず、他のグループのことも、気になるところです。。

ジャニーズ年越ライブ用に、オーダーいただいていたので
紅白のあと、TVでチェックしていました(笑
流石の観客の多さに、お客様を見つけることは出来ませんでしたが
(当たり前ですが^^;)
喜んでいただけて何よりでした

それにつけても、ジャニーズの衣装は豪華でしっかり作ってあって
衣装を見ているだけで楽しい
生地や材料を揃えるだけでも大変ですが、頑張って作りたいと思います♪
もちろん、お待ちいただいているその他のオーダーも
できるだけ早くお届けできるように、頑張りたいと思います!;;







続きを読む
posted by マロニエのこみち・・・。 at 13:40| 京都 ☀| Comment(2) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月13日

「北の富士勝昭氏・ファッションチェック」 

北の湖理事長の、訃報のショック覚めやらぬ中・・ではありますが

大相撲が今年も始まりました


日曜は、天覧相撲・・

新理事長にも、若手力士にも、日本人力士にも

今こそ頑張って欲しいものです!


さて、その初日、日曜日、解説をされていた北の富士さまが
夜の「サンデースポーツ」にご出演されるというので
いそいそと録画をしておりました


さっそく観てみたのですが...
なんとまぁ〜〜〜〜〜〜♪
お洋服のセンスの素敵なことっ!!!!!


お昼の解説では、小粋にお着物を召されていたのですが
夜は、颯爽とスーツ姿で・・・
一月のマンスリーキャスターだという
ハンマー投げの室伏さんとのツーショットは
石原軍団にも太刀打ちできるほど、カッコいいものでした〜♪


画面を拝見し、観れば見るほど
あまりに素敵過ぎるので、思わず、傍らに居た息ケイヨウに


「何か紙ない?」
と・・・



わら半紙のような再生紙のスケッチブックがあったので
思わずそれに鉛筆で描きかけたのですが
これは色つきで解説しないと、わからないなぁ・・・と


またまた
「何か色鉛筆ない?」
と、言って出してもらったのですが
わら半紙が暗すぎていまいちなので
お昼に使ったパステルを持ってきて
録画を一時停止にし、描き描きしてしまいました(笑


スーツは、多分シルクウール
花紺とグレーのシャンブレーで、
衿の周りなどには白のダブルステッチ
皺になったところのシャドーが、
パープルがかっていて、とても上品なんですっ!
それなのに、袖口の、明き見せボタンホールの色が・・・・;
赤!赤なんです〜〜〜〜〜!!!
(ちなみに、釦は紺!)



眼鏡のフレームがまたまた・・・
これは、マットなシルバーで
斜めに上ったシャープなスクエア型で
銀髪と、スーツと、フレームが
ピタ〜〜〜〜っと、心憎いほど合っているんですっ!


そして、さりげなく、胸には、白地に花紺の
細かいグラフチェックのチーフ

シャツは、真っ白の釦ダウンで
ボタンホールと釦が、これもまた、さりげなく黒で
台衿部分の中心には、何と釦が二個!
フロントをピシッと決めているんです〜〜〜!!


ジャケットの衿のラペルには、なにやら刺繍のようなものが。。

近づいてよく見ると、うやら刺繍ではなく、フラワーホールとピンでした



そのピンがまたお洒落〜〜というか、可愛い♪
そしてわざわざ、ホールの上に並べているところに
遊び心があって、センスを感じる!!!!


このピンは、もしかしたら、このカッコよすぎるメガネを買った
眼鏡屋さんで頂いたのだろうかとか、想像が思わず膨らむ・・



TVを観ていて、ファッションセンスに驚かされるのは
この北の富士さまと、堺正章さんですね;;

それにつけても、このファッションチェック、癖になりそう;;
北の富士勝昭さまの、追っかけしてしまいそうです(^^;


・・ということで、長い前振りになってしまいましたが(^^;

別館に、そのスケッチをUPしました♪


【京都マロニエ・お手描き手帖】

「北の富士勝昭氏・ファッションチェック」 




posted by マロニエのこみち・・・。 at 18:21| 京都 ☀| Comment(2) | 絵画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月02日

「明けましておめでとうございます♪」

明けましておめでとうございます♪
今年も一年、皆様と一緒に
ひとつでも多くの素敵な思い出ができるよう
大切に日々を過ごしたいと思います♪
よろしくお願いいたします♪



昨日は、松ヶ崎の親戚に、2歳から88歳まで
10人の老若男女が集まり、楽しい一日でした
穏やかに晴れた暖かい元日
あっという間に時間が過ぎていきました♪


・・・余談


年末は、恒例の紅白歌合戦

そのあとは、もしやお作りした衣装を着たお客様が

観客席に映らないかと、ジャニーズ年越ライブを観て

ジャニーズ衣装の豪華さにうっとりして過ごしました(笑


posted by マロニエのこみち・・・。 at 19:43| 京都 ☀| Comment(6) | 日々の徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月31日

「今年も一年ありがとうございました♪」

今日は、新年早々仕上げなければならない仕事の材料を買いに
四条まで出ていました

通りもお店も、人で一杯
途中、電車の中から見た伏見稲荷の参道も
もう既に人の頭で埋まっていました(^^;

さて、今年はなにやら、ケイヨウの写真で始まり
写真に終わったような一年でしたが
それをサポートしながらの仕事も多忙で
それなりに充実した一年でした

皆様、今年もありがとうございました♪
この画像は、先日、JR京都伊勢丹で開催中の内藤ルネ展の帰り
写真展で知り合ったかなおかだいこんさんの個展を拝見した記念に
撮ってくださったものです

来年も、このように二人で仲良く?
色んなことにチャレンジできたらと思います

皆様も、どうぞ良いお年をお迎え下さいませ!

1619231_961120620639699_6260025011889011804_n.jpg

posted by マロニエのこみち・・・。 at 18:30| 京都 ☀| Comment(2) | 日々の徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月17日

「絵画のワークショップ初体験&新しく描いた絵」

12月8日「村田 旭 ワークショップ・楽しく描く魔法の混合技法・in OSAKA」
に参加して参りました

村田旭先生は、福島県郡山市ご在住の画家さんで
絵画教室や個展など、広く海外でもご活躍されています

もう10年以上前、絵画の投稿サイト、ネット仲間展でお知り合いになって以来
今回、初めてお会いすることができました♪

久しぶりの大阪、しかも、初めての場所、しかも、午前、
しかも重い荷物がいっぱい・・;;

交感神経ぴりぴりで、遠足の前の子供のように
朝から目がぱっちりでしたが(笑

無事、早い時間に、到着し、無事体験を終えることができました♪
とても楽しく、たまにはこういうイベント参加もいいものですね

別館にUPいたしました♪

【京都マロニエ・お絵かき手帖】




posted by マロニエのこみち・・・。 at 19:21| 京都 ☀| Comment(2) | 絵画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月11日

「昭和と師走」

金曜日午後、毎週楽しみにしてるNHKラジオは
三波春夫大先生の特集だった


代表曲の『俵星玄蕃』『大利根無情』
そして『小野先生とその父』という、

生徒を助けて殉職された...
若き女子教員の実話に感銘し、

自ら作詞作曲なさったと言う曲など
ついつい仕事の手を止めて、殆ど泣きながら聴き入ったので
正直仕事は、はかどらなかった(笑



昭和の師走の思い出は
コタツと蜜柑と、木造の家のどこからか入る隙間風と
映りの悪いTV画面に映る三波春夫の

朗々とした歌声と笑顔と・・・


北の湖親方の訃報以来、連日のように
昭和を代表する方々の訃報が続き
今年は、喪中はがきが少ないだけでも、
まだいいことにしようと思っていたら
一番仲の良かった幼馴染みからの喪中はがきが・・


多分、小母さんだろうか・・
少し前にTELしたとき、昔と変わらない声が聴けたのに・・・


懐かしく温かい思い出が、どんどん手の届かない
遠くに行ってしまう寂しさ・・
今夜はゆっくり、温かい鍋でも頂こう

posted by マロニエのこみち・・・。 at 17:56| 京都 ☔| Comment(2) | 懐かしの歌謡曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月03日

「手作りリースで・・」

庭木がジャングル状態に、鬱蒼と茂っていたのですが
南天の実が赤く色づいたので、満を持して剪定をいたしました♪

その他の木も、思い切って強剪定
庭が明るくすっきりしました♪

松と、南天にまたがってはびこっていたヘクソカズラの蔓もとって
庭にある蔓性植物総動員のクリスマスリース

今年は、赤い実もたっぷり成っていたので
ドアにシンメトリーに、吊るしました

ケイヨウは、1日から、待望のアドベントチョコも解禁となり
クリスマス、年末、お正月に向けてカウントダウンです
気持ちばかり焦りますが、体調管理に気をつけてがんばります♪




007−1.jpg
posted by マロニエのこみち・・・。 at 08:51| 京都 ☔| Comment(2) | 素敵なグッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月24日

「毎年、この季節に・・・」

夕方、けいようが帰ってきたので

インフルエンザの予防接種に行ってきました

皆様は、もう行かれましたか


去年、今頃、同じ時期にしたところ

約10日後に、きっちりインフルエンザにかかりました;;

しかも、私だけ・・・(涙

去年は、早くから寒かったですからね;;


熱が40℃くらい出て、バス停に送ることもできないし

食事を作ることもできないし・・・;;

タクシーと、ヘルパーさんと、出前にお世話になりっぱなしで

もう、本当に、大変でした

とにかく、けいように、移らなかっただけでもよかった;;


なので、今年はもっと早めにしようと思っていたのですが

少し前の学校の集まりのとき、ママ友さんたちが、

今年はワクチンが一種類増えたので

様子を見る・・・もしくはしない・・・と言っていたので

私も少しだけ、様子を見ていたのでした


今のところ、特に問題はないようだし

とにかく早めにやっとかないと

私は、すぐに何でももらってしまうもので;;

今週から、急に寒くなると言う予報でしたが

何とか、今年は、風邪にもインフルにも、かからないように・・・

と、強く願っております!!


さて、そんな毎年恒例のお注射ですが、

我が家は高台にあるので、この季節、5時にもなると

辺りは、真っ暗になり、駅までの細い道の脇の向こうに

美しい街の灯を眺めることができます


遠くは、右京から、西京、そして伏見の街が見わたせます

北方面は、稲荷山で遮断されていますが

千本鳥居の天辺の灯りが、山の上に点っているのが見えます


そして、家々にも、色んな種類のイルミネーションが・・・

来月になると、京セラさんのビルにも

ツリーをデザインした灯りが点きます

そんな景色を眺めながら、他愛ないことを話し、冬間近の寒い夜

二人で歩いて帰るのが、毎年のささやかな楽しみです。。

posted by マロニエのこみち・・・。 at 18:59| 京都 ☔| Comment(0) | 日々の徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月23日

「三連休、秋を楽しむ」

三連休です

土曜日は、ケイヨウの学校の写真サークル
呉竹文化センターで、毎年秋恒例
地域のフォトグループ、PHGさんの写真展に
今年も学校から出展させていただいたので、朝一、観に行きました♪
その後、撮影会に、平安神宮界隈へ。。。
七五三の家族や、観光の方で賑わっていました

その後、高槻まで足を伸ばし、京大農場、正式名称
『京都大学大学院農学研究科附属農場』の
レトロ&瀟洒な建物と、銀杏並木を見に行きました

ここは、私が、もう数十年前に、茨木市から烏丸まで
満員電車に揺られながら、OLをしていた頃に
いったいなんなのだろうと、ずっと思っていた場所です

ここだけ、まるで、北海道の牧場のような、広々とした気持ちのいい一角
その素晴らしい風景に、暗い気分が癒されていたところでした

どこか、紅葉のいい場所はないかと検索したとき
この場所を見つけ、ああ〜〜そうだったんだ〜〜と。。。
しかも来年、移転されると知ったので、誘われるように行ってみました
昼下がりの秋の陽に光る銀杏並木の、いい写真が撮れました

昨日は、お客様のお宅に伺い、その後、画材屋さん経由で
いつもの中書島界隈へ・・・

竜馬通りに、素敵なカフェを見つけ、まったりしました
テーブルに、ノートがあったので、書き込んでいるケイヨウ
このように、髪の毛が、ほぼ生え揃いました〜〜♪
約、二年ほどかかりましたが、やれやれ。。
本人も、自分のイケメンぶりに、満足している様子です(笑

213-1.jpg

posted by マロニエのこみち・・・。 at 14:07| 京都 ☁| Comment(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月20日

「北の湖親方の訃報に際し・・」

私は普段、TVのニュースやワイドショーは、一切観ないのだけれど
さっき、ニュース関係、全部、録画のセットをしてきた


私が小さい頃、父は単身赴任で別居していたが
小学校の4年で一緒に住むようになり、それ以降は、場所が始まると
私が夕刻、機嫌よく漫画や歌番組を観ているときに
突然父が茶の間にやって来て、チャンネルを変え、
いきなり大相撲が始まるので
正直、大迷惑で、大相撲が嫌いだった



でも、嫌々ながらも、仕方なく付き合ってぼんやりと観ていると
だんだん取り組みが面白くなってきて
取り組み前、力士が塩をまいたり、四股を踏んだり
アナウンサーと解説者の話を聞くことまでが楽しくなって
高校の頃は、完全に大相撲のとりこになっていた


当時、人気力士はたくさんいたが、圧倒的に強いのは北の湖
憎たらしいくらいに強いだの、ふてぶてしいだの
色々と言われてはいたが、女の子目線ではちょっと違い

本当は、とても繊細で、気の小さい人なのではないだろうか・・とか
笑ってはいけないと苦虫をつぶしたような顔をしつつも
時折、堪えきれないように、にやっと笑ってしまい
また、困ったように、元の顔に戻るところや、せっかちなところ
よく見れば、五月人形のような整った可愛い顔だったりと
あれこれ詮索してしまう「可愛げ」があって
そこがとても魅力的だったのだ


ほかに、顔のいい力士、魅力的な力士も、今と違いたくさんいたが
ダントツ、好きなのは、北の湖だった

当時、父は、貴乃花を応援していたので
私が北の湖が好きだと知ると、
「お前、あのアホが好きなのか」と言いつつも
決して嫌ではないみたいで、笑っていた


銀行員時代、職場で、なかなか馴染めなかったけれど
場所になると、休憩所にテレビがあって
女性の、だいぶ年上の先輩が、いつもそこに座っていらした
その方は、荒勢関のファンだったのだ

・・・すみません。隣で観てもいいですか?・・と
普通なら、話などできなかったけれど
同じ相撲好きということで親しくなった


24歳の頃、岐路に立ち、進路に迷った頃に、
「もう一歩、前へ出れば勝てる」という、北の湖の本が出た
その中には、子供の頃、多分こうなのでは。。。と
私が思った通りの、シャイで可愛い人・・な部分が感じられ
同時に、やはり流石に、大横綱になられただけのことはあるなと
関心させられることもあれこれと書かれていて
当時の私に、ちょっとした勇気・・・というのか
いわゆる「元気をもらった」本になった



とにもかくにも、千代の富士に負けたあの大一番の
膝をついた姿は、あまりにも哀しかった・・
その後、引退され、次は、北の湖を倒した天敵、
千代の富士を応援した
何故ならば、ずっと好きだった横綱を引退に追いやったからには
もっと強くなってくれないと、こちらとしては困るのだった


 その後、時代の変遷とともに、贔屓力士は変わったし
相撲協会に入られてからの親方は、ちょっと残念だったので
このところは、場所中のTVで少しお見かけするくらいに
なってしまってはいたけれど
思いがけない訃報に、現役時代のお姿が浮かんできた
さっき、当時のお姿が映像に出て、思わず懐かしさでうるっときた


好きだった・・・淋しい
信じたくなくて、言いたくない言葉だけれど

心より、ご冥福をお祈りいたします
どうか安らかにお眠り下さい
(あかん・・・こんなこと書いたら泣けてきた)

posted by マロニエのこみち・・・。 at 23:34| 京都 ☀| Comment(4) | ニュースにまつわる・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月12日

「写真展の作品で絵を描く」

ついに年賀状が届きました・・
焦りますね・・・(^^;

来年の年賀状の片隅にも、
夏に開催の写真展のお知らせを入れようと思っています


けいようが生まれて以来、

毎年その年に撮ったけいようを写した

たくさんの写真をレイアウトします
たくさんの方々にお世話になり、気にかけていただき
愛されて大きくなったので、ご報告と感謝を込めて・・・

仕事用には、その年に作った作品のレイアウトを・・・
これも、感謝の意味を込めていますが
スペースの関係で、全ては載せられないのが難点・・
忙しい季節になって参りましたね・・;



来年のテーマのモチーフは、花、背中、小さな瞳。。
この絵のベースになった写真も
一応、今のところ、その候補の一枚です♪

今年のは、シュールな作品も多かったのですが
来年は、癒し写真が多いかも・・です♪



【京都マロニエ・お絵かき手帖】


「休日」

posted by マロニエのこみち・・・。 at 17:38| 京都 ☁| Comment(0) | 絵画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月11日

「新しいパステルで描いてみる」

かれこれ10年くらい前に、ネットで知り合った
郡山市御在住の画家、村田旭先生

フランスの美しい街や、美女の絵がとても素敵です
このたび、先生プロデュースのパステルが発売されたので
さっそく購入し、試してみました
久しぶりに、色を使って描いた絵です;;

【京都マロニエ・お絵かき手帖】





そのパステルですが、こちらのお店で限定販売
透明水彩のような表現のでいる透明パステルと
ガッシュのような表現のマキアージュ
全部で4セット
一色ずつの販売もあります  ぜひお試しを!




posted by マロニエのこみち・・・。 at 09:52| 京都 ☀| Comment(0) | 絵画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月09日

「九州場所はじまりました」

大相撲が始まった
とにかく、お相撲が好き
残念なのは、今、特に応援している力士がいないことだけれど
それでも、始まるとうれしい
一連の流れを眺めながら...
解説を聞いているだけで楽しい
あの様式美、会場のザワメキ、全てひっくるめて好き
特に好きなのは、北の富士親方
的を得た解説、渋い、お洒落、優しい
時々、びっくりするような毒舌とぽかの
突然の変化球に驚かされるけど(ラジオだと更に・・笑
親方の毒舌には、愛がある、男気がある
ほんとカワイイ、可愛げのかたまりのような・・
時々、お声の調子がお悪いときなど
もう、気になって仕方が無い
ほとんどラブですね(笑
それにしても、昨日の最後の取り組みで
親方がせっかく
「びっくりぽんや」とリップサービスをしてくださったのに
そこを誰も拾わなかったNHKのアナウンサー
そこはダメでしょ 拾わなきゃ・・ほんとに、もぉ
親方、大丈夫です
私は聞き漏らしませんでしたから(笑
でも、あのひとことで、親方が朝ドラをご覧になっていることが判明
 今日からの朝ドラが、よけいに楽しくなりました♪
posted by マロニエのこみち・・・。 at 08:22| 京都 ☁| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする